AINU POLICY WATCH

――In Light of the U.N. Declaration on the Rights of Indigenous Peoples――

その他

1788年ニューヨーク市の死者冒涜に対する暴動~解剖法の成立

③というより2.5という感じで少し脇道に逸れる感はあるが、UNDRIPとNAGPRAの話に行く前に、②でエコゥ-ホーク氏が例に出しているニューヨーク市民の死者に対する「反冒涜暴動」と「解剖諸法」について少し補足しておこうと思う――もっとも、その部分を読んだ人…

Sunrise as seen from Sunrise(サンライズから見たサンライズ)

ワシントン州のレイニア山には"Sunrise"という場所があります。そこから見た年初の陽光。 Source: here.Norah Jones-Sunrise (with Lyrics) posted by Ankerinho. 当分の間、コメント投稿機能を停止します。それに伴い、機能上の理由で、現在表示されている…

キング牧師のリヴァーサイド演説

北海道アイヌ協会の加藤理事長はキング牧師を尊敬しておられると、どこかで読んだ――たしか、いつぞやの政策関連会議録でだったと思う。これは、有名な(そして日本人好みでもある)"I have a dream"演説ではなく、彼が暗殺される1年前に、ニューヨーク州の…

"Amazing Grace"

16~17日にかけての夜、これを聴いた。(彼女たちの歌を聴くときにいつも思うのである。なぜ、Celtic Womenではないのかと。ここでも"misleading"だとまでは書いているのだが、なぜなのかは書いていない。) Celtic Woman - Amazing Grace posted by CelticW…

2度も3度も美味しい国立アイヌ民族博物館のレストラン(w/ P.S. 6つ)

先日、「理事長の動向」――特製ランチ「大地の味」を試食しましたの投稿から「理事長の動向」サイトの写真を見てきた方が、卓上に並べられた何枚かの名刺に注目して、商談も含まれたビジネスランチだったようですねというコメントを戴いていた。私は、レスト…

スタンディング ロックでのマオリのハカ/スピリット ケイヴ マン続報(+P.S. 4つ)

P.S.にするべきか、新規投稿にするべきか・・・。 久しぶりに流し台の下のタンクの中を覗き込んだらバカバカしくなって、Enyaの"Lazy Days"でも貼り込んで、しばらくそのままにしておこうかと思っていたのだが、マオリの人々がスタンディング ロックの前線で自…

比較検討せよ。/紋別への遺骨返還、和解成立(w/ P.S. 3つ)

ある方が、先の朝日新聞での常本氏の発言は、この本で言っていることと全然違うと言っておられた。常本氏の20年前の発言である。出典は、萱野茂、他『アイヌ語が国会に響く 萱野茂・アイヌ文化講座』(草風館、1997年)150-154ページ。ここでの発言のことか…

「誰もが大統領に」(アメリカ大統領選余話)+P.S. 3つ

大統領選挙戦の終盤に出したかった投稿であるが、余計なものが挟まってしまった。 ここの読者は、今次のアメリカ大統領選の立候補者の名前を何人挙げることができるだろうか。また、何人が大統領に立候補したとお思いだろうか。もしかしたら、どこかのニュー…

アイヌ政策過程におけるマスメディア(新聞)③(w/ P.S. 3つ)

②の終盤はもう少し書き足したいのだが、昨夜は、3、4回中断しながら、かろうじて切りのつくところまで辿り着いた。人間、いつどうなるか分からないから、今夜も、一段落つくたびに投稿していくことにする。③「課題」の矮小化 事例3:「アイヌ政策への期待…

Dear Americans,(+5 postscripts)

Please work on the Republican Electors of your state who have pledged to vote for Donald Trump, to change their minds to vote for Bernie Sanders, oops, no, for Hillary Clinton on Dec. 19.P.S.(11.14, 23:15):11月の大統領選の一般投票で勝利…

北海道大学から平取アイヌ協会への遺骨問題の説明(w/ 10 postscripts)

先日、北大から平取アイヌ協会・三役に対して遺骨問題の説明があると、平取を訪れた。最初から、白老への[集]骨ありきの、面倒な手続きの説明に終始した。盗掘した側が条件を付けるとは!これでは逆さまではないのかと、耳を疑った。 これを聞き、頭に血が上…

"Before the Flood"

<ここに埋め込んでいた動画は、下のP.S. #2に書いたとおり、非公開にされてしまったので、画面も削除しました。> 10月31日に公開されて、既に12,865,221回の視聴!P.S.(13:45):今、アメリカからの生中継を見ている。選挙人獲得数が209-232、得票数が47%…

和解

時々、はてなブログ事務局から、1年前、2年前などの過去の記事を振り返ってみませんかという通知メールが入る。ちょうど区切りの良い過去ではないが、4年近く前に Against the Windで「和解」について書いたことがある。 ◎追記9(2012/12/21, 0:00):■…

『ウレシパ・チャランケ』No. 53 目次

『ウレシパ・チャランケ』No. 53の目次が編集部より届きましたので、お知らせします。 イヤイライケレー 民族共生象徴空間とアイヌの遺骨返還・・・・・・・・・・・・・・1 盗んだ物は元へ返す そんな当たり前のことがどうして?・・・・・・・・・・・・・・6 俺のこと・・・・・・・・・・・・・…

1月で4度おいしい!(w/ P.S. 4つ)

3つ前の投稿(P.S. #4を追加した)の加藤氏の「2度おいしい」というキャッチフレーズで私が思い出したのは、グリコのアーモンドグリコキャラメルだった。*1 11月19日にアイヌ・アリ・語る会ともう一つ、詳細は把握していないが、市民団体の行事があるみた…

Here is a message for you.

Carry on. I'll stand by you.Norah Jones - Carry On posted by norahjonesVEVO and Rod Stewart ~ I'll stand by you ~ with lyrics posted by Friedje Boeree *"could make me loved you less"⇒""could make me love you less"P.S.(23:35):DAPL反対運…

B21新型ステルス爆撃機「レイダー」(w/ P.S. 3つ)

「米次世代爆撃機B21の名称は「レイダー」、日本空襲にちなむ」 AFP=時事 9月20日(火)11時25分配信 【AFP=時事】米空軍は19日、次世代戦略爆撃機B21の名称を、第2次世界大戦(World War II)中に日本を攻撃した爆撃機部隊にちなんで「レイダー(Raider)」…

「マンハッタン」――対照的な2曲/米露の非難合戦

"Leonard Cohen - First We Take Manhattan" posted by LeonardCohenVEVO at https://youtu.be/JTTC_fD598A "Norah Jones - Back To Manhattan - Live at LePoisonRouge NYC 2009" posted by lecknertal at https://youtu.be/kemIaR1At-c 題名からお分かりの…

先住民族の権利に関する国連宣言採択から9周年(w/ P.S.)

0時を回って9月13日になった。 11日の午後、ニューヨークの国連本部であと24時間弱で始まる「9周年記念記者会見」のお知らせを備忘録的に投稿しておいたのだが、ほとんど必要な人はいないだろうと思って削除した――関心を持っている人は自分で探すだろうし…

奴隷制と奴隷貿易を記憶する

あと2時間と少し、ニューヨークの国連本部で現地時間の31日13:15~14:30(日本時間:1日2:15~3:30 a.m.)に、「奴隷制を記憶する」というプログラムの一環として、コロンビア大学のナターシャ ライトフット准教授(歴史学)による「大西洋横断奴隷貿易へ…

バラク オバマ大統領は、なぜ「黒人」なのか?(P.S. 7つ)

今夜は、今年5月のPFIIの録画を見ていた。それを貼り込もうかとも思ったのだが、それについては、また後日に書こうと思う。遅くなったので、以下は明日の投稿でも良かったのだが、質問だけ書いておくことにした。 アメリカでもそうだろうが、この日本でオバ…

「遺骨が呼んでいる・鎮魂の地図~沖縄戦の記憶を記録する写真家たち~」(沖縄大学地域研究所)

【日時】2016/06/18 14:00~16:00【会場】沖縄大学 3号館101教室【講師】豊里友行(写真家) 大城弘明(写真家) 仲里効(批評家)【聴講料】300円(事前予約不要 直接会場へお越し下さい)【主催】沖縄大学地域研究所http://www.okinawa-u.ac.jp/chiken/e…

どいつもこいつも!(w/ P.S. 3つ)

続、脱線投稿。 今、パソコンを立ち上げて表示されたニュースから。 下のニュースには出ていないが、今夕カーラジオで聞いたニュースでは、沖縄の人々に「寄り添って」云々と言ったとも報じられていた。私なら、「寄り添って」くれなくて良いから撤退に向け…

「聞こえるよ母さんの声が・・・~原爆の子・百合子~」

今夜も脱線する。 地デジ移行後、家でテレビを見ていない私が、偶然の成り行きで昨夜から、水島宏明『内側から見たテレビ』を読み始めたところである。第1章で標題のドキュメンタリー作品が非常に高い評価とともに紹介されていた。1979年から暫く私は日本に…

ちょっと脱線

時には、こんな脱線も良いのかも。でも、あとで削除します。「狭い道・細い穴をトコトン進む」ことを評価されているみたいだから――本人は、意外とそんなことは考えていないと思うのだが。(時間があるときに、もう少し補足するかもしれない。) 突然の香川に…

『朗読者』より(「黙殺」と「集団罪責」)

直前の投稿に「黙殺」という言葉を入れたので追記を入れようと思ったのだが、長くなったので別記事とする。 最近読んだベルンハルト・シュリンク『朗読者』(新潮社、2000年)の中に、こういう一節があった。 黙殺というのは、数ある裏切りのヴァリエーション…

決定の順序

こちらの記事の2つのP.S.に書いておいたことと関連するが、4月17日付けのStars and Stripes誌の記事、"US military prepares to aid Japan after massive earthquakes"によれば、駐留米海軍で災害救助活動にどの艦船および航空機が役に立つかを日曜日(17…

「コングレッショナル・フェロー」(w/ P.S. 7つ)

前から話題になっていたことであるが、先ほどYahoo Newsの上の方に鳥越俊太郎氏の「高市議員経歴は詐称」発言、高市議員が「事実誤認」と説明というニュースが出ていた。「自身のホームページのプロフィールに説明書きを掲載(https://www.sanae.gr.jp/profi…

「電車にのって」は来ないだろうけれど、「お店」を「ブログ」に読み替えて下さい。 最近、使える時間を自分のブログを書くために取られて、他人のブログを訪問する時間があまりなかったのだけれど、今夜、あるブログを皮切りに、さまざまな政治・経済・社会…

「金のなる木」(+P.S.)

先ほどAmazonで本の検索をしていたら、こういうのが出てきた。 最近は、情でも動かない人間が多数になってきたような気がする。人は情で動かず利(金)で動く・・・だろうか。(P.S.:こちらの世界では、「義理と人情を秤にかけ」れば、義理の方が重い。) とこ…

「不適切教育」

今日は、国策の一部となってしまった北大アイヌ・先住民研究センターについて書くつもりであったが、別のつまらぬことで疲れ果ててしまった。パソコンを立ち上げると、USJ行きお釣り計算「数学」 三重の高校、不適切教育 朝日新聞デジタル 3月1日(火)21時…

父と娘(+P.S.3つ)

鈴木貴子氏離党 民主・枝野幹事長が激怒!「離党するなら議席をお返し頂きたい」 産経新聞 2月26日(金)14時27分配信 全文を貼り込みたかったが、産経新聞に「著作権侵害だ」などと言われたくもないから。 別の報道では、父娘揃って自民党入りということであ…

1987+10⇒1997+10⇒2007+10⇒2017

1987 北海道ウタリ協会、UNWGIP初参加 1997 二風谷ダム訴訟判決/アイヌ文化振興法制定 2007 先住民族の権利に関する国連宣言採択 2017 ???

『ウレシパ・チャランケ』No. 51(+P.S.)

標記ミニコミ誌の次号の内容が固まったらしい。発行日は、今月28日とのこと。 ①イヤイライケレー ②カムイ達 ③オシケオップアイヌ ④日本の国は「アイヌ民族に土地をあたえた」か―有識者懇談会報告(2009年)を吟味する ⑤伝統的な持続可能利用 ⑥アイヌ語地名考…

遺骨返還問題と「土地をあたえた」問題(『人権と部落問題』2月号特集)(w/ P.S.)

先ほど見たアマゾンのページにはまだ画像は出ていなかったけれど、標題の雑誌の特集で、遺骨返還問題と「土地をあたえた」という例の教科書表記の問題を扱う論文が掲載されています。P.S.(02.02, 1:00):冒頭の編集部による「アイヌ民族問題を考える」に、…

Hearts and Minds(ベトナム戦争ドキュメンタリー映画)

今夜は、アイヌ政策有識者懇談会の路線の破綻について書こうと思っていたのだが、ある方のブログで紹介されている若いジャーナリスト(当時は大学院生)のレポートのビデオを観ながら、ずい分前(YouTubeの利用開始前)に探して見つからないでいた映画を見つ…

『ウレシパ・チャランケ』48号

明日(29日)、標題の冊子が発行されるとのこと。『先住民族の10年News』の最終号も分厚かったけれど、こちらも60ページを超えるそうである。両方の購読者は、今月は100ページ以上を手にすることになる。 残念なことに、クロネコメール便の廃止で次号以降の…

"The Montana Story: Forty Years of Success"

Wild Fish Conservancy, "The Montana Story: Forty Years of Success"

今週のハイライト(7/20-26)

今週は、なぜか、あっという間に1週間が過ぎた。目の上にタンコブができたくらいで、特になし。 チキンが話題に上っている。ブログの題名に関係ないが、2013年1月14日に「チョコレート産業と現代奴隷制」という記事(http://d.hatena.ne.jp/Don_Xuixote/20…