読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AINU POLICY WATCH

――In Light of the U.N. Declaration on the Rights of Indigenous Peoples――

アイヌ政策推進会議

アイヌ政策過程におけるマスメディア(新聞)⑤

11月21日深夜に自分の保存用書庫に入れてそのままにしていたら、早いもので、もう2週間が経ってしまった。少し間が空いたのでもう一度記しておくが、ここで言及しているのは、「アイヌ政策への期待と課題は」と題された朝日新聞デジタル(11月5日)の記事…

アイヌ政策過程におけるマスメディア(新聞)③(w/ P.S. 3つ)

②の終盤はもう少し書き足したいのだが、昨夜は、3、4回中断しながら、かろうじて切りのつくところまで辿り着いた。人間、いつどうなるか分からないから、今夜も、一段落つくたびに投稿していくことにする。③「課題」の矮小化 事例3:「アイヌ政策への期待…

FSCジャパンと北海道アイヌ協会の合意?

「メディアが報じないこと」としてP.S.に入れようと考えていたのだが、新規投稿にしておく。 アイヌ政策推進会議の第8回会合で、北海道アイヌ協会が次のような報告と「お願い」を出している。 ロンドン、リオデジャネイロ同様、東京オリンピック・パラリン…

バラク オバマ大統領は、なぜ「黒人」なのか?(P.S. 7つ)

今夜は、今年5月のPFIIの録画を見ていた。それを貼り込もうかとも思ったのだが、それについては、また後日に書こうと思う。遅くなったので、以下は明日の投稿でも良かったのだが、質問だけ書いておくことにした。 アメリカでもそうだろうが、この日本でオバ…

Alert, alert!(警鐘)――「アイヌ人骨・副葬品に係る調査研究の在り方」(その3)

「ラウンドテーブルメンバー以外の、多くのアイヌ・・・との議論」が求められている 「これからのアイヌ人骨・副葬品に係る調査研究の在り方に関するラウンドテーブル(中間まとめ)」であるが、先住民族としてのアイヌ民族の権利の回復にとって危険な内容を含…

「これからのアイヌ人骨・副葬品に係る調査研究の在り方に関するラウンドテーブル(中間まとめ)」(w/ P.S. 3つ)

標記の文書を読んで、全体の批判的考察を書き留めておこうと思ったのであるが、「中間まとめ」の段階でもあるし、下記の引用のように、「ラウンドテーブルメンバー以外の、多くのアイヌ、学協会関係者との議論を通じ」て最終報告――1年くらい先になるのだろ…

政策会議の最近の動き

第25回の作業部会から追うのを止めていたけれど、取り敢えず、後の便宜のために。第25回「政策推進作業部会」議事概要象徴空間及びその主要施設の正式名称について(↓↓↓) 平成28年5月13日 内閣官房アイヌ総合政策室 本日開催された第8回アイヌ政策推…

強制移住と土地・資源(おまけ)――権利基盤のアイヌ文化政策はどうなったの?

(略) (略)<Cf. こちらに登場したダイス議長のプロジェクトのことである。> (略) (略) (第110号=2004年12月刊、pp. 11-12.) 容易に否定され、無視されちゃったね。Cf. こちらのP.S. #6.♪It was half my fault and half the atmosphere.♪ (それ…

アイヌ政策推進会議の座長代理(北海道新聞記事)

北海道新聞の9日の朝刊に今般、アイヌ政策推進会議の座長代理に指名された伊東良孝議員のインタビュー記事が小さく載っている。(「国会 これが聞きたい/■アイヌ民族差別認識のずれ 文化を広めて是正を」) まさかこの記事に反応してのことではないだろう…

第7回アイヌ政策推進会議

標記会議で配布された資料や「議事概要」を見ながら前の2本を書いたついでに、いくつか雑記的に記しておきたいことがある。 事務局から説明された「アイヌ政策の推進状況」と関連して、「アイヌ政策の概要(平成 28 年度予算概算要求額)について」という「…

「アイヌ遺骨等の集約・保管・返還の在り方について」(続)

昨夜の続きをと思っていたのだが、今日はまだ一息つく間もない。やっとパソコンに向かったところである。 実は、昨日昼間の天気予報で雪のマークが出ていたので、「なごり雪」を埋め込もうと思っていたところ、夜には雨の予報に変わっていたので止めていた。…

第7回アイヌ政策推進会議における「アイヌ遺骨等の集約・保管・返還のあり方」

アイヌ遺骨の返還要求や「異例施設」への集約に反対している人々は、標記の検討をどう受け止めたのであろう。最近は、遺骨をめぐる動きがあまり見えなくなっている。「アイヌに対する理解度」調査ではないが、日本人全般とアイヌ関係者との感じ方を数値で示…

「アイヌ政策推進会議」の座長代理(+P.S.3つ)

標記の地位に伊東良孝農林水産副大臣が指名されたことが、アイヌ政策推進会議のサイトで昨年12月25日に告知されているが、政治家としては可哀想に、ほとんど注目されていないのだろう。アメリカなら、先住民族社会に向けて何か気のきいた演説でもするのだろ…

オバマ大統領に会う目的は何?

第19回政策推進作業部会の「議事概要」にこのような一節がある。強調は、追加。 まず、2月3日にケネディ駐日米国大使が白老町を訪問されたこと。大使には、一昨年の12月5日に東京で面会する機会をいただき、その際アイヌの人権尊重や北海道訪問についてお…

「意見聴取」の謎

巷では「なりすまし」という言葉が流行っているようである。そこまでとは言わないが、先の第19回政策推進会議で「意見聴取」に応じた日本考古学協会の「代表」が誰なのか、謎である。前に指摘したように、「議事概要」の出席者欄にも、概要の本文にも、どこ…

6/30-7/11のハイライト

第1回は、特別に約2週間分(6月30日~7月11日)の投稿からの抜粋である。★2014-06-30:遺骨のDNA研究の行き着く先は? 8月9日の北海道アイヌ協会主催「記念事業」に関して。 遺骨の遺伝学研究がもたらすさまざまな影響について研究している学者は北大…