AINU POLICY WATCH

――In Light of the U.N. Declaration on the Rights of Indigenous Peoples――

上の写真:ジュネーヴのサン-ピエール大聖堂からレマン湖を望む。

"Awake, A Dream From Standing Rock"

スタンディング ロックからの映画:"Awake, A Dream From Standing Rock"(By Oscar Nominees Josh Fox and James Spione and Native filmmaker Myron Dewey) Source: here.

春の暮らし苦

Classical Music for Spring posted by HALIDONMUSIC

調和が課題?(w/ P.S. X 2)

先ほどこのブログ記事を読んだ。その中の道新記事に一言だけ。 「アイヌ遺骨研究の是非は」社会的利益と民族の思い、調和課題 倫理検討委設置へ7月準備委/北海道新聞04/22 05:00 北海道アイヌ協会と日本人類学会、日本考古学協会は21日、アイヌ民族の遺…

強制移住と謝罪――インディアナ州とカンザス州の話題(w/ a new P.S.)

一つ前の投稿に追記してタイトルを変え、2つに分けた。 遺骨返還との関連でも謝罪(の欠如)が課題として上がっているみたいであるが、今日は主として強制移住に関してである。このブログ内でも検索して戴ければ過去の記事が挙がってくるが、アイヌの強制移…

双頭の・・・?

大相撲春場所で琴奨菊は、惜しくも1勝足りずに大関に返り咲くことができなかった。また来場所から直近の3場所で33勝の目安を目標に頑張ることであろう。 公益社団法人の某協会は、4月から事務局長が2人の体制となるらしい。普通、組織の事務局長というの…

平取「アイヌ遺骨」を考える会の学習会記録

これもただのお知らせ投稿である。ブログの訪問者は重複していて、かつ既にご存知ではないかと思うのだが・・・。 標題の記録がこの投稿から4本掲載されている。テープ起こしをされた方(々)には、ただただ頭が下がります。 それに対して、アイヌ総合政策室は…

「復興」担当の副大臣がアイヌ文化の復興も手掛ける!?

チョコチョコと短期間腰かけては代わるだけの「調整ポスト」でなければ良いが。調整室よ、いや政策室よ、こんなものは出すが、まだ前々回の議事「概要」さえ出さないのか!(落合氏の講演辞退の理由がアイヌ政策推進会議が入ったということだったから、その…

「浦幌事件」和解記者会見

昨夜遅く寝る前に標記の記者会見の記録を読んだ。まだ気づいていない方にお知らせしておく。 いくつか興味深いこと、考えるべきこと、論評したいことはあるが、今は P.S.:記者会見の内容に関する質問は、北大のアイヌ遺骨等返還室や関係者/団体へお願いし…

民族共生象徴空間PR合唱動画「イランカラプテ~君に逢えてよかった~」(w/ P.S.)

読者からご紹介戴きましたが、ここへの埋め込みはやめておきます。(アイヌ語版があれば、埋め込みを考えてもよい。)興味のある方は、こちらへ。合わせて、この議事概要の6ページを参照下さい。 この投稿のP.S. #5で取り上げていたけれど、紅白には選ばれ…

「琉球民族の遺骨の返還に関する権利」

昨日の昼間に公開して、夜間に非公開にしたP.S.の中で言及した3つの方法のどれでもなく、断腸の思いで、直前の投稿はエイプリルフールだったことにして、ブログタイトルもそのままの状態で新規の記事を書く。 昨日、読者から「琉球人遺骨返還を要求 民族独…

ブログ終了のお知らせ

突然ですが、本日をもちまして、このブログを終了することにしました。 コメントや情報を入れて下さった方々、ありがとうございました。 政策室よ、小細工のない議事録を公開せよ。(アイヌ政策推進会議を待って、辻褄を合わせてから出そうと考えているのか!…

アイヌ遺骨返還2題(w/ P.S. X 4)

北海道新聞電子版を訪問すると、次の2本があった。 札医大も遺骨返還へ 浦幌アイヌ協会が要望(03/29 07:00) 札幌医大は28日、十勝管内浦幌町で発掘され、同大が保管するアイヌ民族の遺骨1体を、浦幌アイヌ協会に返還する方向で調整に入った。同協会が…

アイヌ遺骨、出土地域団体に返還(w/ P.S. X 7)

「アイヌ遺骨、出土地域団体に返還=博物館は多言語対応―政府」 時事通信 3/23(木) 20:38配信 政府は23日、アイヌ政策推進会議(座長・菅義偉官房長官)の作業部会を内閣府で開き、国内の研究機関などに保管されているアイヌ民族の遺骨について、身元不明で…

北海道大学アイヌ遺骨等返還室/浦幌アイヌ協会との和解(w/ P.S. X 4)

ちょっと知りたいことがあって、北海道大学のサイトを訪れ、「お知らせ」ページからサイト内検索で「アイヌ遺骨」と入れると、この検索結果が出て来た。最新の情報を見ようと思うのだが、ややこしいことに、西暦と元号が入り混じっている! 一番新しそうな項…

ちょっと一休み(木村二三夫/ボブ ディラン/アリス)

なぞなぞではないが、標題の3人をつないで作文せよという課題が出たら、読者はどんなことを書くだろうか。あるいは、標題の3人とかけて何と解く? 今夜はアメリカ北西部(太平洋岸北西部ではない)のインディアン トライブの条約とサケの漁業権に関するこ…

今日にもパイプラインに原油が流れる可能性

Oil Could Flow in Dakota Access Pipeline as Early as Monday.

アイヌ遺骨の問題を知る会

「アイヌ遺骨の問題を知る会」 NHK 北海道 NEWS WEB 03月19日 07時52分 国内外の大学などに保管されているアイヌ民族の遺骨について学ぶ集会が日高の平取町で開かれました。 遺骨の返還に取り組む地元の団体が18日、平取町の二風谷地区で開いた集会には、…

「アイヌ遺骨200体を返還要求へ」(w/ P.S.)

「アイヌ遺骨200体を返還要求へ 有志、新ひだかなど2町に」 琉球新報、2017年3月18日 20:48 北海道日高地方のアイヌ民族の有志グループ「コタンの会」は18日、新ひだか町で総会を開き、北海道大が研究目的で同町と浦河町から持ち去ったアイヌの遺骨計…

乞うご期待!?!?!?(w/ P.S. X 6)

こんなに大きな画像は要らないのだが、送られて来たものをコピーするとこうなった。小さくできそうにないから、そのままにする。 これは主催者の言葉だろうが、「『先住民族の権利』」などといったこと」!!! この方は、このように(cf. 脚注8)考えておられ…

ワシントン州最高裁、1855年のヤカマ ネーション条約の「旅する権利」を支持、州の販売税課税を認めず

今からおよそ24時間前に裁判所記録に保存され、15時間前に地元メディアが報じた判決が非常に興味深い。Article III of the Yakama Nation Treaty of 1855: [I]f necessary for the public convenience, roads may be run through the said reservation; and …

カナダのスパイ機関、スタンディング ロックを監視+忍法雲隠れ

先日言及した『権力の失墜』の原題はShadow: Five Presidents and the Legacy of Watergate(影:5人の大統領とウォーターゲートの遺産)であり、邦題はかなりかけ離れたものとなっているのだが、その著者、ボブ・ウッドワード(Bob Woodward)は、いわずと…

独から返還決定のアイヌ民族遺骨/琉球独立/政策推進作業部会

◎「独から返還決定のアイヌ民族遺骨 偕楽園で盗掘 北大教授が確認」(北海道新聞、3月14日) 全文は、ここで読むことができる。 (P.S.:「ドイツのアイヌ遺骨」に力を入れている毎日新聞ではなくて道新というのが面白い! 記事の執筆者にも注目だ。北海道…

『ウレシパ・チャランケ』No.54(目次)

イヤイライケレー 末期資本主義と沖縄 ・・・・・・・・・・・・・・1オシケオップアイヌ(8) ・・・・・・・・・・・・・・8木村二三夫の叫び ・・・・・・・・・・・・・・12カムイ達(3) ・・・・・・・・・・・・・・14落合准教授講演への抗議・申し入れに関する経過 ・・・・・・・・・・・・22 アイヌ語地名考(14)オ…

U.S. judge rules against tribes seeking to stop Dakota pipeline

U.S. judge rules against tribes seeking to stop Dakota pipeline By Timothy Gardner, Reuters, March 8, 2017. (Reuters) - A U.S. judge on Tuesday ruled against Native American tribes seeking to stop the Dakota Access Pipeline as their legal …

印象操作(or manipulation)

安倍首相が多用し、国会で流行りつつある言葉のようであるが、去る第28回政策推進作業部会の議事概要で「印象操作」だなと感じた一文があった。ブログのペースを落としている間に、書き留めておくことにする。次の2つの文章を比較されたい。1つ目①は、北海…

札幌医科大学との「覚書」の報道についての覚書(+P.S. X 5)

2つ前の札幌医科大学でのアイヌ遺骨のDNA研究に関する新聞記事にいくつもの疑問が湧いてきて気が散って仕方がないので、覚書として書き留めておく。 ブログに貼り込んだのは産経新聞の記事で、その時点でこれが一番詳しいということのようなのでそれを使用…

国連人権理事会

Sources: U.S. considers quitting U.N. Human Rights Council By NAHAL TOOSI and ELIANA JOHNSON 02/25/17 08:52 PM EST With Trump at helm, US takes seat at UN rights council By Ben Simon, AFP, February 27, 2017.キース ハーパーの行方に注目!

アイヌ遺骨、ルーツ調査でDNA研究 協会と札幌医大が覚書

アイヌ遺骨、ルーツ調査でDNA研究 協会と札幌医大が覚書 「事前説明なし」と発掘地域アイヌは反発(産経新聞 2017.2.26 19:55) 北海道内で遺跡調査などの際に発掘されたアイヌ民族の遺骨が、アイヌのルーツを調べるDNA研究に使われていたことが26日…

The Seventh Generation:ダコタ アクセス パイプライン(DAPL)ドキュメンタリー(ABC News)

Meet the youth at the heart of the Standing Rock protests against the Dakota Access pipeline ABC Breaking News | Latest News Videos

本日の言葉(rev.)

私にとって、「宣言」の履行とは、私たちの諸権利を履行することについてである。権利はお願いするものではない――それは主張するものである。権利が主張されるとき、それは成長する。誰も、先住民族に権利を「与える」ことはしない。誰も、私たちに権利を「…

ローマ法王、先住民族の土地・FPICに対する権利を支持

Source: here. Source: here.

「暖炉とブルゴーニュの赤ワインと・・・」

古本店で買い溜めておいたヘッセの作品を年末からすき間時間に少しずつ読んでいる。現在、3冊目である。読者のブログにコメントしたついでに、少しだけ。 愛する少年よ 多かれ少なかれ 人間のことばはみんな結局まやかしなのだ 比較的にいって 私たちがいち…

先住忍法(w/ P.S. X 8)

4月から北大で標記の科目が受講できるということで、札幌市民の間で話題になっているとか聞こえてくるのですが、検索にも挙がってきません。どなたか、ご教示下さい。忍法雲隠れとかして、子どもの頃よく遊んでいました。 答えが分かったら、この投稿は削除…

似た者同士(?)の会見/トランプ空爆/DAPL/ペルー先住民族

"President Trump Holds a Joint Press Conference with Japanese Prime Minister Shinzō Abe" posted by The White House. 映像は、36:49から始まります。Cf. "Under Trump US Kills More Civilians in Syria, Iraq than Russia". The U.S.-led Coalition k…

春を待つ

寒い! (今夜は、先住民族の権利について、わが友、K. D.氏の言葉を引用するつもりで用意しておいたのだが、先送りすることにした。) John Butler Trio - Spring To Come - Official Video posted by John Butler Trio.

今夜の引用――司法の独立の証/DAPLアップデート

トランプ大統領が最高裁判事に指名したニール ゴーサッチ(Neil Gorsuch)判事の過去の判決での意見――Eric Posner, "Gorsuch Must Condemn Trump’s Attack on a Judge," The New York Times, Feb. 4, 2017(The Opinion Pages)の引用より。 The framers liv…

つぶやき2題(w/ P.S.)

★落語研究会を問題にするのなら、EYの論文も批判的に検討する必要はないのかな。☆啓蟄はまだ1月近く先だが、昨晩、どこか暖かい場所に行っていたか冬眠していたカエルさんが出てきているのを見た。★「法的な意味の戦闘行為ではない。武力衝突だ」。オー、ウ…

真の「保守法律家」の姿(w/ P.S.4つ)

*<注意>この記事がトップページにある間に、もしくはこの記事に、アクセスした途端に、この記事の下方にある動画の音声が自動的に流れ始めるため、一瞬驚かれるかもしれません。この記事の下までスクロールして、The Independent紙の動画を止めて下さい。…

ホームレスからハーヴァードへ

夕べ観た映画である。ざっと検索しただけだが、日本語版は見つけられなかった。ここに内容が日本語でまとめられている。「youtubeサイトでは動画音声から翻訳可能です」とも書かれている。(P.S.:方法は分かりません。) 46:00からの墓地のシーンは、涙せず…

Leaked draft of Trump’s religious freedom order

Dear Friend of The Nation, When Donald Trump got elected, we swore we’d hold him accountable. Today, in partnership with the Investigative Fund at the Nation Institute, we published an important piece of investigative journalism that does …

民をなめきっている官

予期していた対応と言うと、当事者には申し訳ないが、頑張っておられます。是非、ご一読を⇒「文部科学省に関する問合せ」回答文書の不誠実さ。「天下り」というくらいだから、天から見下ろしているのだろう。 「天下り」の問題も大事だが、アイヌ政策「推進…

常本教授、「さらなる運動の盛り上がりを期待」!?!?!?

1月21日の北海道アイヌ協会主催の講演会の一部が報告されている⇒「アイヌ民族に関する法律制定の可能性と課題(仮題)」。報告者が「会場に入れず廊下のスピーカーで聞いていた」というほどの盛況だったようだ。 現在のアイヌ政策を観察しだしてからもう8…

NAGPRA, UNDRIP, そしてアイヌ遺骨・副葬品の返還③:UNDRIPと「報告書(案)」(w/ P.S.)

はじめに 「これからのアイヌ人骨・副葬品に係る調査研究の在り方に関するラウンドテーブル報告書( 案 )」(「報告書(案)」)は、アイヌが引き込まれて、盗掘された遺骨・副葬品の研究材料化にお墨付きを与える必要のない文書である。今後出土する遺骨や…

1788年ニューヨーク市の死者冒涜に対する暴動~解剖法の成立

③というより2.5という感じで少し脇道に逸れる感はあるが、UNDRIPとNAGPRAの話に行く前に、②でエコゥ-ホーク氏が例に出しているニューヨーク市民の死者に対する「反冒涜暴動」と「解剖諸法」について少し補足しておこうと思う――もっとも、その部分を読んだ人…

閑話休題(センター試験)

ある読者とのメールで話題になったついでに、過去の投稿(Against the Windブログの2011年1月17日「強力推進」)より。 「皆、同じ日本人」とは、この分野で長年やっていると、よく耳にするフレーズである。あー、それなのに、それなのに、北と南、太平洋側…

NAGPRA, UNDRIP, そしてアイヌ遺骨・副葬品の返還②――NAGPRAという鏡(rev.)

北国は猛吹雪で雪かきに追われているのだろう。こちらも今日は寒い。でもまだ雪は見ていない。(去年もこのように書いた途端に大雪が降ったからなー・・・) ここからは今夜noteに投稿するつもりでいたけれど、少しだけ時間が空いたので、途中までまたプレビュ…

NAGPRA, UNDRIP, そして、アイヌ遺骨・副葬品の返還①

今年の初夢ではないが、最近考えたことがある。私がもし新聞とか雑誌の記者だったら、政策推進作業部会の篠田氏や検討部会の落合氏にインタビューして記事にしてみたいと。落合氏は、北海道旧土人保護法の立法意図は正しかったが、その結果が「最悪」だった…

ちょっと一息

暮れに、本ブログを印字して読んでいるという方が、分量が増えてかさばってきたと言っていた。「報告書(案)」のほぼ全文を掲載する形にしたのは、そのような読者にはまずかったかな。それと、3連休の前夜という公開のタイミングも良くなかったか。「~報…

「これからのアイヌ人骨・副葬品に係る調査研究の在り方に関する ラウンドテーブル報告書( 案 )」を読む③

3.アイヌの遺骨と副葬品に係る研究の基本的な考え方 日本人類学会と日本考古学協会は、それぞれの研究がアイヌの歴史の復元において果たす役割の重要性を認識するとともに、研究する側とされる側の立場について、また誰のための、何のための研究なのかとい…

「これからのアイヌ人骨・副葬品に係る調査研究の在り方に関する ラウンドテーブル報告書( 案 )」を読む②

ここのP.S., P.S. #2, P.S. #7, P.S. #8で書いたことをこの標題シリーズの①として、これを②とする。 年末年始を狙って「パブリックコメント」を募集している団体もあれば、年末年始に抗議文を送りつけられた気の毒な方もいるようである。東京の方では緊急災…