AINU POLICY WATCH

――In Light of the U.N. Declaration on the Rights of Indigenous Peoples――

上の写真:ジュネーヴのサン-ピエール大聖堂からレマン湖を望む。

イェール大学、マチュピチュの遺骨と副葬品をペルーに返還

マチュピチュの遺産
 ペルーのマチュピチュ遺跡は、日本人が最も訪れたい世界遺産だそうで、その名も広く知られている。(この記事の下書きをして少し経った頃、TBSの「ふしぎ発見」でマチュピチュを取り上げていたが、テレビでも度々登場する。)だが、この遺跡の「発見者」として知られるアメリカの探検家であり政治家でもあったハイラム・ビンガム3世(Hiram Bingham III, 1875-1956)の名を知る人の数は、はるかに限られているだろう。有名な映画『インディ・ジョーンズ』のモデルとなった人物と言う方が分かりやすいかもしれない。

 ビンガムは、1911年〜1915年のペルーへの遺跡発掘調査の際に、多くの発掘した考古遺物をアメリカへ持ち帰った。ペルー政府は、2008年12月に、アメリカ北東部のアイビーリーグの名門大学であるイェール大学に対して、同大学が長年にわたって不当に保持している遺骨と数千ものインカの遺物の返還を求める訴訟を起こした。

 イェール大学は、いわゆる時効を盾に、訴えの却下を求めた。これに対し、ペルー政府は、イェール大学は遺骨や遺品の所有権を有したことはないし、また、返還請求はペルーの法律では時効の対象とはならないと応じた。さらにペルー政府は、2008年も終わりに近づいてイェール大学が所有権を主張しだしたことを付け加えた。

 昨年秋(11月)、ペルー政府とイェール大学の間で合意の枠組みが成立し、今年の初めから遺骨と遺品の返還が始まることになった。イェール大学のピーボディ博物館から返還された遺骨・遺品は、インカ帝国の首都、クスコにあるサンアントニオアバド大学(UNSAAC)に保管される。

 今年の2月11日にイェール大学は、遺骨と5,000点におよぶ遺品をクスコに返還し、そこに両大学によってマチュピチュとインカの文化を研究する国際センターを設立するというUNSAACとの合意書に署名した。

 ビンガムの最初の到着から100周年を祝う行事に間に合わせて、遺骨や遺品の第一便は7月24日までに届くことになっていたが、既に返還された一部の考古遺物の無料展示がリマの政府宮殿で4月5日から開かれており、8日までに2万人〜3万人を超える数(情報源によって異なる)の内外の観光客が訪れたとのことである。遺骨・遺品は、すべてが2012年末までに返還される。

 因みに、7月の記念行事には、ノーベル賞作家のマリオ・ヴァルガス・リョサに加え、スティングポール・マッカートニー、ボノらが参加するという噂も出ている。

ハイラム・ビンガム
http://bioguide.congress.gov/scripts/biodisplay.pl?index=b000470
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Hiram_Bingham_at_Machu_Picchu_ruins_1911.jpg

イェール大学の「マチュピチュ・コレクション」を使用した学術研究一覧:
http://opa.yale.edu/opa/mpi/Scholarly-Works-Machu-Picchu.pdf

この返還交渉の詳しい経緯についてのサイト:
http://www.gogeometry.com/world_news_map/Machu_Picchu_Yale_University_Cuzco.htm

その他の関連サイト:
http://www.artknowledgenews.com/2010-01-12-21-05-23-yale-university-fights-the-return-of-peruvian-human-bones-and-artifacts.html

http://www.andina.com.pe/ingles/Noticia.aspx?Id=hHpeQAdGRSM=

http://www.qosqoperu.com/en.html?start=10

別件だが、関連問題として重要な意味をもつ動向:イェール大学の博物館と図書館への無料オンラインアクセスの開始。
http://articles.boston.com/2011-05-11/news/29532887_1_collections-yale-center-british-art


転載元:http://ainupolicy.hateblo.jp/entry/20110522/1305990939

広告を非表示にする