AINU POLICY WATCH

――In Light of the U.N. Declaration on the Rights of Indigenous Peoples――

上の写真:ジュネーヴのサン-ピエール大聖堂からレマン湖を望む。

ペルーの先住民族、DNA試料採取を阻止

 オンライン版Science誌の2011年5月6日付記事"Indigenous Peruvian Tribe Blocks DNA Sampling by National Geographic"によれば、ペルーのアンデス山中にあるケロ(Q'eros)共同体で5月7日から行われる計画であったDNA採取が、先住民族の指導者や地元の役人による反対で中止されたとのことである。この研究計画は、National Geographic Societyの遺伝学者たちが世界中の数十万人に人々から採取されたDNAを解析して人類の歴史的な移動を解明するという「ジェノグラフィック プロジェクト(Genographic Project)」の一環である。

 5月の第1週に公開された文書では、先住民族のリーダーたちは、同協会の同プロジェクトに関わっている科学者たちが現地の規則に従って適切な同意を得ることをしないでDNAサンプルの採取を計画したことを非難している。

記事の全文:
http://news.sciencemag.org/scienceinsider/2011/05/indigenous-peruvian-tribe-blocks.html

ジェノグラフィック プロジェクト:
https://genographic.nationalgeographic.com/genographic/index.html

ケロの人々とコミュニティ ビデオ プロジェクト:
http://www.qeros.net/intro.html


転載元:http://ainupolicy.hateblo.jp/entry/20110606/1307288769

広告を非表示にする