AINU POLICY WATCH

――In Light of the U.N. Declaration on the Rights of Indigenous Peoples――

上の写真:ジュネーヴのサン-ピエール大聖堂からレマン湖を望む。

Japanese “Gene Hunters”(日本の「遺伝子ハンターたち」)

 2つ前の記事の続きである。「追記」があまり多くて、長くなるのも読みにくいだろうから、新たな記事にする。

 「日本列島3人類集団の遺伝的近縁性」の研究について、30年近く前に血液採取を行った平取のアイヌ住民に対しては今年3回の説明を行ったということであった。だが、プレスリリースには、「琉球人については、琉球大学医学部の要匡准教授らが数年前に提供を受けた35個体分を用いた」とだけしかない。

 素朴な疑問が浮かぶ。「琉球人」に対しては、「これまでの研究成果と今回の成果について説明」しなくてよかったのだろうか。試料提供が数年前ということで、適切な同意が得られていたという違いなのだろうか。それとも、単に地元の琉球大学の研究者が試料採取を行なったから問題なしということなのだろうか。それはなかろうとは思うが。なぜなら、地元の北海道大学の研究者だから適切に同意を得ているという前提は成り立たないであろうから。

 そうすると、やはり、北大や東大、その他の大学が保管している遺骨から「古代DNA」を抽出する問題、30年前の血液試料の二次利用の問題などが絡んでくるから、新たに「説明」し、同意を得ようとしたということではないのだろうか。(今回の研究は、採取者本人が研究チームに入っていることで、「二次利用」という批判は当てはまらないということなのだろうが、最初の採取の時の目的と同じなのかどうか、今わが輩には分らない。)改めて説明を行ったこと自体は評価できても、これまで行われずにきたことが急に行われると、それに対して「なぜ」という疑問は当然生じるだろう。その疑問を払拭するには、過去の試料採取に関して明確な説明が対外的にも必要なのではないだろうか。それにしても、記者会見まで行われたようなのに、そのような疑問を提示した記者は一人もいなかったのだろうか――と、これも素朴な疑問である。

=============================================================

 それにしても、この方は、もの凄い量の人体組織試料を集めておられる。

一九六六年から数年間、国際生物学事業のもとで文部省科学研究費補助金による日本人の遺伝的特性の調査が実施され、その中で筆者は、共同研究者の三沢章吾らとともに行った北海道日高地方における野外調査によって、アイヌ系住民約五〇〇名について種々の遺伝的多型(個人差を示す遺伝子標識)を研究することができた。(p. 204)

最近、古代人骨のDNAを直接研究することが・・・・宝来聰が、縄紋(ママ)時代前期(約六〇〇〇年前)および近世(一七・一八世紀)のアイヌの人骨よりミトコンドリアDNAを抽出し、約一九〇個の塩基の配列を用いて現代人と比較した。(p. 208)

尾本惠市「アイヌの遺伝的起源」
http://hdl.handle.net/123456789/565<P.S.(2016.06.20):ファイルが削除または移動されている。>

・・・ここでデータの空白地帯として浮かんできたのがフィリピンで、とくにネグリトに関するデータは従来皆無であったので、何とかしてネグリトの血液試料を入手したいと考えるようになった。
 できるだけ"自然"な,(文明人から見れば"未開"な)生態学的状態にある民族,とくに採集狩猟民の集団遺伝学的調査は、いずれ永久に消滅するであろう彼等の遺伝子プールの記録をとどめる,ということだけでなく,人類の小進化の過程を理解するのに必要なデータ,たとえば集団構造や繁殖構造,自然淘汰,遺伝子浮動などについての情報がえられる点でも重要であろう。・・・・ネグリトについては、数年前までのフィリピンの政治情勢も関係し、幸い(?)誰も手をつけていなかったのである。
 何度かの予備折衝の未(ママ)私共は、マニラ在住の国際事業団の・・・博士の協力により、フィリピン衛生省の研究局・・・が昨年12月,少数民族の健康調査を行う際に採血した130名分のネグリトの血液を検査することができた。(pp. 8-9)

幸い、昭和51年度の文部省海外学術調査が採択されたので・・・。調査団は・・・・。フィリピン衛生省やその地方支部、福祉省地方支部、日本大使館、それに毎度のことながら・・・の理解と協力により・・・・。
 サンチャゴおよびバヤバスという部落にて周辺のネグリ90名ほどの採血に成功し・・・。血液試料は総数320に達したが、一部についてはマニラにて血液型,白血球HLA型,染色体等の検査を行い、のこりの主要部分は東京に空輸して,留守番役の院生・研究生等の諸君により,人類学教室の液体窒素タンクに保管した。(p. 10)

同、「ネグリトをたずねて」
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/27317/1/rgn08_5_5.pdf

 直前の論文は、ある方にご教示を戴いた。記して感謝します。
 このネグリトからの採取は、こちら(http://d.hatena.ne.jp/Don_Xuixote/20110527/1306425256)で取り上げたのと同じ調査であろう。

A total of 310 sera were obtained from unrelated healthy adults living in Tokyo and stored at -20℃ for about 5 months until tested.


Keiichi Omoto, Kazuhiko Miyake, “The distribution of the group-specific component (Gc) subtypes in Japanese,”
Japanese Journal of Human Genetics
June 1978, Volume 23, Issue 2, pp 119-125
http://link.springer.com/article/10.1007%2FBF02001792?LI=true#page-1

Blood specimens from 82 subjects belonging to the Mamanwa tribe were obtained by venipuncture in the Province of Agusan del Norte, northern Mindanao. They were kept cool with wet ice and transported by air to Tokyo, where red cells were separated and preserved in liquid nitrogen.


KEIICHI OMOTO, “Brief Communication: Carbonic Anhydrase-I Polymorphism in a Philippine Aboriginal Population”
Am J Hum Genet. 1979 November; 31(6): 747–750.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1686045/

A total of 373 plasma samples from unrelated blood donors were used for pupulation study. Samples were obtained in ACD, and stored at -30℃ until use.


Toshinori Nishigaki and Keiichi Omoto, “Genetic polymorphism of human plasminogen in Japanese: Correspondence of alleles thus far reported in Japanese and difference of activity among phenotypes”
Japanese Journal of Human Genetics
December 1982, Volume 27, Issue 4, pp 341-348
http://link.springer.com/article/10.1007%2FBF01900446?LI=true#page-1

Five ml of blood samples were obtained from 122 adult Japanese (48 Ainu and 74 Non-Ainu) liing in Hidaka district, Hokkaido.


Shinji Harihara, Momoki Hirai, Keiichi Omoto, “Mitochondrial DNA polymorphism in Japanese living in Hokkaido”
Japanese Journal of Human Genetics
June 1986, Volume 31, Issue 2, pp 73-83
http://link.springer.com/article/10.1007%2FBF01871401?LI=true#page-1

Blood samples were obtained from 66 Chinese in Taiwan, 64 Koreans in South Korea, 50 Ryukyuans in Okinawa, and 51 Ainu in Hokkaido. Many of the Chinese who inhabit Taiwan are known to be direct descendants of migrants from mainland China after the seventeenth century. Moreover, the present Chinese samples do not include those from Taiwanese aboriginal populations who show linguistic and physical affinity to the Austronesian-speaking populations of Southeast Asia (Bellwood et al. 1995). For the Ainu subjects, restriction enzyme analysis of the same samples was reported by Harihara et al. (1988). Genomic DNA was prepared from the buffy coat in blood through treatment with SDS and proteinase K and subsequent phenol/chloroform extraction.


Satoshi Horai, Kumiko Murayama, Kenji Hayasaka, Satoe Matsubayashi, Yuko Hattori, Goonnapa Fucharoen, Shinji Harihara, Kyung Sook Park, Keiichi Omotof and I-Hung Pan, “mtDNA Polymorphism in East Asian Populations, with Special
Reference to the Peopling of Japan,”Am. J. Hum. Genet. 59:579-590, 1996.

In the first genetic distance analysis, 26 populations of the world, including three Japanese (Ainu, Ryukyuan and Hondo-Japanese), were compared. The populations examined other than Japanese were: three African, four Indo-European, three native
American
, nine east Asian, one native Australian, one New Guinean (Papuan), and two Pacific populations. Gene frequency data on a total of 20 polymorphic loci were available for these populations: eight blood group systems (ABO, MNSs, P, Fy, Rh, Jk, Di, K), seven red cell enzyme systems (ACP, PGD, PGM1, PGM2, ADA, GPT, ESD), and five serum protein systems (Hp, Tf, Gc, Gm, Inv). Most data on Japanese populations were taken from the compilation by JIBP Synthesis, Volume 2 (Watanabe et al., 1975).The sources of some additional data were as follows: GPT (Ueda et al., 1979) and ESD (Omoto et al., 1975). The data on blood genetic markers of Koreans were taken from Yuan et al. (1984) and Goedde et al. (1984).
The data on other populations were obtained from Roychoudhury and Nei (1988) and Masatoshi Nei (personal communication), with the exception of our unpublished data on two Negrito populations of the Philippines.


KEIICHI OMOTO AND NARUYA SAITOU
“Genetic Origins of the Japanese: A Partial Support for the Dual Structure Hypothesis”
AMERICAN JOURNAL OF PHYSICAL ANTHROPOLOGY 102:437–446 (1997).

Nine non-sinicized ethnic groups, totaling 654 individuals, were studied. Blood samples were taken from different areas where those ethnic groups are distributed.


Feng Jin et al. (incl. Saitou, Takafumi Ishida, Omoto and Horai), "Population Genetic Studies on Nine Aboriginal Ethnic Groups of Taiwan. I. Red Cell Enzyme Systems," Anthropological Science 107 (3), 229-246, 1999.
http://sayer.lab.nig.ac.jp/~saitou/paper-pdf/Jin_AS99.pdf

 9つの台湾原住民族からの試料数の内訳は、次の通り。Ami(72), Atayal(100), Bunun(88), Paiwan(60), Puyuma(61), Rukai(53), Saisiat(63), Tsou(79), and Yami(78).

◎追記:

実のところ、20世紀の大きな生体医学の進展は抗生物質でもゲノム科学でもなく、科学における進歩は偉大であるが、それが人権と衝突する時には人権が明白に勝利するという認識であったと論じることができよう。
Indeed, it could be argued that the major biomedical advance of the 20th century was neither antibiotics nor genomics, but rather the recognition that progress in science is great, but when it comes into conflict with human rights, human rights wins, hands down.

Jonathan Marks, “Science, samples and people,”Anthropology Today, Vol. 26, No. 3, June 2010, p. 4.
http://personal.uncc.edu/jmarks/pubs/ATeditorial.pdf

 「先住民族と人権」に対して、誰か「遺伝人類学者と人権」という論文を書いて欲しいものである。


転載元:http://ainupolicy.hateblo.jp/entry/20121109/1352387117