AINU POLICY WATCH

――In Light of the U.N. Declaration on the Rights of Indigenous Peoples――

上の写真:ジュネーヴのサン-ピエール大聖堂からレマン湖を望む。

「<ハンセン病>患者遺体で骨格標本…戦前、旧熊本医大が作製」(毎日新聞)

 アイヌ政策とは直接には関係ないものの、遺骨や人体組織研究という観点からまったく無関係というわけでもないので、取り上げておくことにした。めったにやらないことだけど、全文転載させて戴く。

ハンセン病>患者遺体で骨格標本…戦前、旧熊本医大が作製
毎日新聞 5月9日(木)20時43分配信

 熊本大医学部は9日、前身の熊本医科大が1927~29年、九州療養所=現・国立ハンセン病療養所菊池恵楓(けいふう)園、熊本県合志(こうし)市=の入所者の遺体から骨格標本を作製していたと発表した。標本は第二次世界大戦中の空襲で焼失したとみられ現存していない。専門家は「遺族の承諾を得ていない可能性があり重大な人権侵害」と指摘している。【澤本麻里子】

 ハンセン病を巡っては2005年に胎児標本が療養所などで保管されていたことが判明、国が謝罪している。菊池恵楓園入所者自治会は9日、園に対し遺体提供を裏付ける資料などの調査を文書で要請した。

 熊本大医学部によると4月下旬に学内資料を調査した際、一般の解剖者名簿とは別に、ハンセン病患者だけの解剖名簿が見つかった。

 1927~29年に43体を解剖し、うち20体で骨格標本を作製したとの記載があり、遺体はすべて九州療養所の入所者だった。

 熊本医科大病理学教室で助教授、教授を務め、後に日本病理学会長を務めた鈴江懐(きたす)氏(故人)が執刀したケースが最も多かった。解剖名簿には43人分しか記載されていなかったが、鈴江氏は51年に発表された京大の研究誌「皮膚科紀要モノグラフ」の中で、2年足らずの間に50~60体の遺体を集め、その大部分で骨格標本を作ったと記述。「この貴重なCollection(コレクション)は、熊本大学を訪れる医学界の名士に鼻高々と供覧誇示したものである」としている。

 31年には日本病理学会で頭部の計測について報告していたことも記載していた。戦災で焼失したと記し「完遂されていたならば世界でも比類のない珍しい貴重なData(データ)が出ていた」としている。

 竹屋元裕・同大医学部長は「九州療養所と一緒になって進められたハンセン病研究の一環だと思う。骨格標本作製の経緯や患者、遺族の承諾書が残っているかなど恵楓園と連携して調査したい」と話した。

 国のハンセン病問題検証会議元副座長の内田博文・神戸学院大教授は「当時、国内でもナチズムの優生思想が強まっていた時代で、骨格からハンセン病患者のなんらかの特徴を見いだそうとしていたのだろうが、感染症であり医学的にも妥当ではない。遺族の同意を得ていないなら死体損壊罪に問われる可能性がある」。菊池恵楓園入所者自治会の志村康会長代行は「50~60体もの標本を作った目的は研究を誇示するためだったのではないか。こういうことがハンセン病への差別につながっている。医の倫理が欠けている」と批判している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130509-00000070-mai-soci


 こちらにはアイヌ民族の遺骨への言及もあるが、記事の主たるトピックでないとはいえ、北大の「謝罪」や現在の政府の「計画」の取り上げ方には不満が残る。こちらも全文転載させて戴く。(著作権侵害の場合は、警告を下さい。URLだけに変更しますから。)

ハンセン病患者遺体から骨格標本 旧熊本医科大 2013年05月09日

 熊本医科大(現熊本大医学部)が昭和初期に、国立ハンセン病療養所菊池恵楓園(合志市)の前身である九州療養所入所者の遺体から骨格標本を作製、戦災で消失するまで保管していたことが8日、熊大の記録資料や当時の教員の記述などから分かった。

 ハンセン病患者の医学標本をめぐっては、胎児標本などが療養所などで作製・保管されていたことが判明し国が謝罪しているが、骨格標本の作製や大学が関わっていたことが分かったのは初めて。

 標本作製を主導したとみられるのは、熊本医科大病理学教室の助教授、教授だった鈴江懐[きたす]氏(故人、後に日本病理学会会長、京都大名誉教授)。鈴江氏は1927(昭和2)年から47年まで同医科大に勤務した。京大医学部に転任した後の51年に発行された京大の研究誌「皮膚科紀要モノグラフ」に、熊本医科大で50~60体のハンセン病患者の遺体を集め、その大部分で骨格標本を作製したと記述。「この貴重なCollection(コレクション)は、当時大学を訪れる医学会の名士に鼻高々と供覧誇示した」と記している。31年には日本病理学会総会で、この骨格標本とみられる29体のハンセン病患者の頭骸骨を計測した研究発表を行っていた。

 また、熊本日日新聞の取材を受けて熊大医学部が学内資料を調査したところ、一般の解剖者名簿とは別に、ハンセン病患者だけの解剖者名簿があることが判明。執刀医は鈴江氏で、27年からの2年間に43体の解剖を行い、うち20体で骨格標本を作製したと記録されていた。遺体の出所は全て九州療養所だった。

 鈴江氏は、これらの骨格標本は45年の熊本大空襲とみられる戦災で消失したと研究誌に記述している。熊大医学部も標本は現存していないとしている。

 ハンセン病療養所入所者の胎児標本をめぐっては2005年、国が設置した第三者機関「ハンセン病問題検証会議」の調査で、114体の保管が発見され、当時の厚生労働相が人権侵害を謝罪した。

 また、骨格標本では1982年に北海道大医学部に、31年から72年にかけ墓地から発掘したアイヌ民族の遺骨が標本として保管されていることが判明し、同大が謝罪。また、文部科学省の調査で今年4月、全国11大学でアイヌ民族の同様の標本が現存していることが分かり、国は遺族への遺骨返還や慰霊施設の整備などを計画している。(泉潤、楠本佳奈子)

熊本日日新聞http://kumanichi.com/news/local/main/20130509002.shtml

 

 ★追記(2014.03.24):
ハンセン病患者標本>熊本大「医学倫理上、問題」最終報告
毎日新聞 2014年3月24日
 
◇「承諾を得ずに作製された」と結論

 熊本大医学部の前身の熊本医科大が九州療養所(現・国立ハンセン病療養所菊池恵楓(けいふう)園、熊本県合志(こうし)市)の入所者の遺体から骨格標本を作製していた問題で、熊本大の調査委員会(委員長=竹屋元裕医学部長)が24日、最終報告を発表した。骨格標本は患者や遺族の承諾を得ずに作製されたとして「医学倫理上、問題がある」とした。

 熊本大医学部によると、同大に残るハンセン病患者の解剖名簿には1927~29年に43体を解剖し、うち20体で骨格標本を作製したとの記録があった。遺体はすべて九州療養所の入所者で、解剖については入所者の承諾書を得ていたが、標本作製の承諾書は今回の調査では見つからなかった。同大は「承諾を得ず、九州療養所との密接な共同研究体制の下で作製されたと考えられる」と結論づけた。

 標本の目的については、中心的に関わった熊本医科大病理学教室で助教授、教授を務めた鈴江懐(きたす)氏(故人)が「ハンセン病患者にはやせた人が多い」と主張していたことから、罹患(りかん)者の体質的傾向を証明するためとした。

 記者会見した竹屋委員長は「標本を大学訪問者に誇示するなど故人への配慮を欠いていた。現代の元ハンセン病患者などに精神的苦痛を与えたことに深い反省と遺憾の意を表する」と陳謝した。

 国のハンセン病問題検証会議元副座長の内田博文・神戸学院法科大学院教授(刑法)は「ハンセン病罹患と体質の関係を調べていた背景には優生思想がある。医学界はこの反省を糧に、患者の権利の法制化に取り組んでほしい」と話した。【取違剛】
 
 

 

転載元:http://ainupolicy.hateblo.jp/entry/2013/05/10/003412

広告を非表示にする