AINU POLICY WATCH

――In Light of the U.N. Declaration on the Rights of Indigenous Peoples――

上の写真:ジュネーヴのサン-ピエール大聖堂からレマン湖を望む。

日、米、加から先住民族の遺骨に関する話題3つ

 ☆14日のアイヌ政策推進作業部会で文部科学省アイヌ遺骨に関する最終報告を行なったそうである。前回の報告よりも2体増えて、総数が1,635体となったとのことで、常本部会長は、「戦没者遺骨の特定に用いられているDNA鑑定も参考にしながら、遺骨の個人名、遺族の特定方法を検討していくとした。また、特定困難な遺骨が多いことについて、常本教授は『地域を適正に代表する団体をつくるなど、何らかの方法で地域に返すことを検討しなければならないと考えている』と話した」そうである。<北海道新聞6月15日朝刊掲載>http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/473661.html

P.S. 常本教授の見解に対して、北海道アイヌ協会や他のアイヌ組織はどのように考えているのだろう。誰がどのように「つくる」のか注意しておくべきで、アイヌ民族の内側からのイニシアティヴが重要である。いずれにしても、まだまだ検討するべき課題は残っているということだ。

 ☆こちらは、アメリカのヴァージニア州インディアン ネック――こういう地名もあるのだ!――から、1999年以来、連邦政府の認定を求めて闘っている6つのインディアン トライブのニュース(6月14日)である。
 ヴァージニア州のラパハンノック(Rappahannock)と他の5つのインディアントライブは、州による認定を受けているものの、連邦政府による認定を受けていない。
 スミソニアン協会は、1989年からこれまでにほぼ6,000体の先住アメリカ人遺骨を連邦政府認定のトライブには返還してきている。同協会の博物館にはアメリカ全州からの先住アメリカ人遺骨が存在しており、ヴァージニア州からの遺骨は1,800体ある。
 ラパハンノック トライブは、政府の保管庫から遺骨と歴史的遺品の返還と故郷の墓地への適切な埋葬の実現に強い決意を表明しているが、トライブが連邦政府に認められていない限り、現状ではスミソニアン協会にはそれを行なうことも、コレクションの内容を明かすことも、義務とはされていない。

WUSA9, "Federal Government Holds 1,800 Sets Of Virginia Indian Remains" (June 14, 2013)<http://www.wusa9.com/news/article/262839/158/Some-Virginia-Indian-Tribes-Want-Federal-Recognition

 このニュースは、アイヌ民族にとって非常に有益な示唆をいくつか含んでいると考える。(先のPFII声明の「誤訳」とも絡んで。)


 ☆将来、「扇の要の中の要」(第11回会合の「議事概要」、p. 1)――って、どんなもの?――に「慰霊施設」が白老に建立された後、もし紋別辺りでアイヌの「古人骨」が発掘されたとしたら、その遺骨はどのように扱われるのだろう。白老の「慰霊施設」に入れられる? 地元のアイヌが適切に慰霊する? どういう規則に則って? いろいろと考えさせられる出来事である。

 カナダのオンタリオ州の夫妻が裏庭に柵を作ろうとして地面を掘ったところ、おそらく1500年代終盤から1600年代初期の頃の約400年前の24歳くらいとみられる先住民女性の骨が出てきた。法人類学者による鑑定の後、オンタリオ州法の下で、私有地の所有者として夫妻は、考古学者を雇って考古学的評価をしなければならないと告げられた。その費用、5,000ドル。
 夫妻は、市長に市が支払うことを求めた。近くのファースト ネーションが支払いのための資金集めをしているとも聞いたが、直接のアプローチは受けていない。こうした話を聞いた地域の当局者の世話で、ひとまず夫妻は支払いを免れるもようである。
 発掘された女性は、近くの保留地の住民の遠縁にあたりそうであるということで、その墓地に埋葬されることが合意され、発掘された家と移動された場所で伝統的な儀式が執り行われた。ファースト ネーションの墓地には、返還された遺骨のために特別に指定されたスペース――まさに「象徴的」な空間であり、「慰霊施設」であろう――があり、24歳の女性は今、そこに眠っている。
 6月15日付けToronto Star紙(電子版)の報道である。
"400-year-old skeleton of aboriginal woman found in Sarnia backyard costs couple $5,000"<http://www.thestar.com/news/canada/2013/06/15/400yearold_skeleton_of_aboriginal_woman_found_in_sarnia_backyard_costs_couple_5000.html


転載元:http://ainupolicy.hateblo.jp/entry/2013/06/17/013000

広告を非表示にする