AINU POLICY WATCH

――In Light of the U.N. Declaration on the Rights of Indigenous Peoples――

上の写真:ジュネーヴのサン-ピエール大聖堂からレマン湖を望む。

ジョニー デップと「傷ついた膝」

 この夏公開予定の「ローン レンジャー」は、かつてのテレビ版とは違って、ゴア ヴァービンスキー(Gore Verbinski)監督が言うには、「オリジナルのTVシリーズのファンであれば、驚くことになる」とのこと。「サンチョ パンザの視点からドン キホーテが語られているように、トントの視点から物語を語っている」そうである。ドン キホーテとサンチョ パンザと比べられては、興味を持たざるを得ない。

 一方、インディアン メディアの世界では、デップ氏が演じるトントの衣装やキャラクターについての批評が飛び交っている。だが、もし「これ」が実現すれば、デップ氏の株はますます上昇するに違いない。

 6月に50歳になったというデップ氏は今、親友のキース リチャーズ(Keith Richards)氏の人生――彼の英知と哲学――についてのドキュメンタリー映画を製作中でもあるそうだ。
 (キース リチャーズ氏と言えば、1,500万回近く再生されているこの動画――わが愛しのノラ ジョーンズさんにこの態度。許せないのである!(笑))
"Keith Richards and Norah Jones - Love Hurts, live 2004" posted by julienk2021 at http://youtu.be/3yAbOpiAKi8

 さて、デップ氏のファンも集まってきているかと思うが、「これ」についての彼の発言を紹介しておこう。

「彼らが教えていることは、確実にアメリカの学校では、大半がウソである。偉大なる兵士であり大統領の一人として讃えられているアンドリュー ジャクソンをご覧よ。彼の顔は20ドル札にあるけど、それが僕をXXXXさせるのさ。なぜって、彼は、数え切れないほどのインディアンを殺戮した冷血な殺人機械だったのだから。エイブラハム リンカーンの顔は1ペニー硬貨に載っている。合衆国で手にすることのできる最小単位の貨幣だ。

「だから、偉大なる解放者が最小額のお金に記されていて、アンドリュー ジャクソンの顔は20ドル札に記されている。それは、何を語っている?

「歴史は、一般に言われるように、本を書くことができる人々の手中にある。そして、人が大きくなって本当の事実について読むまでは、そういうことが彼らが学校で教えることさ。」

f:id:Don_Xuixote:20130713000850j:plain
f:id:Don_Xuixote:20130713002018j:plain

 そういうことが先住アメリカ人の大義に対するデップのコミットメントであって、彼は、数百万ドルの自分のお金を使ってサウスダコタ州の土地、ウーンディド ニーを彼らの所有に返そうと計画している。

「そこは非常に神聖な地であって、そこのスー人に対して多くの残虐行為が行われた。そして1970年代には、連邦政府とその土地を所有するべき人々との間で睨み合いがあった。この歴史的な土地はスー人の文化にとってとても大切で、僕がしたいと思っているのは、それを買って戻したいというだけのこと。なぜ政府がそれをしないんだい?」(強調は、筆者による追加。)

 彼は、本当にその土地に対する支払いを行う用意があるのだろうか。

「それを実現するために最善を尽している。そこは彼らが押し込められた土地で、その次にはそこで虐殺されたんだ。本当に悲しくなるよ。」

http://www.dailymail.co.uk/home/event/article-2356133/Johnny-Depp-life-Vanessa-Paradis--cheating-death-The-Lone-Ranger.html

 本ブログでも何度か取り上げてきたが(http://ainupolicy.hateblo.jp/entry/2013/05/11/012519)、その後も購入の申し出があっては、交渉が立ち消えになっていた。さて、この話、どう進むのか、注目していたい。


★ついでだから、もう1件、気前の良い話をNY Times紙から:
「議会で30年間勤めて2011年に引退した時、私が残したままにして去ることが出来ないとわかっていた一組の課題がありました。私は、使わなかった選挙キャンペーン費用から100万ドルをアスペン研究所(Aspen Institute)に「先住アメリカ人青少年センター(Center for Native American Youth)」を設立するために寄付しました。理由は、私たちの国は、アメリカ インディアンに対して、破られた約束の道を残してきたからです。」http://www.nytimes.com/2013/07/11/opinion/broken-promises.html?_r=1&

 あれ、誰だったっけ? 所信表明演説で初めてアイヌ政策に言及して、一組も二組も課題を残して引退した大富豪の御曹司・・・・。1億円くらい寄付して、自立化基金の基礎にでもしたらどうなのかなー。

★先月、オバマ政権は、環境問題に関して先住アメリカ人トライブとの初の連携役となる上級アドヴァイザーの新たなポジションの創設を発表したが、この職に就くのは、ナヴァホ トライブのメンバーであり、アリゾナ州上院議員でもあるジャック ジャクソン氏となるそうである。
http://www.kjzz.org/content/1307/arizona-senator-be-tribal-liaison


P.S.(2013.07.13, 23:45):
★2つの虐殺の生存者と子孫たち

 ジョニー デップ氏の計画に関して、オグララ スー トライブのブライアン ブルーワー大統領(President)は、最終的な決定は、1890年の虐殺の生存者たちに委ねることを表明した。
http://www.keloland.com/newsdetail.cfm/tribe-reacts-to-depps-offer-to-buy-wounded-knee/?id=150556
(レポーターの発音によれば、現在の所有者の名前はシズィンスキーのようである。)

 そもそも、ウーンディド ニーを金で売ろうとしている男にそんな多額のお金を支払うのは間違っている、何か別のことに使うべきだという意見も。
"Johnny Depp's Wounded Knee offer called generous, but some think it's misguided," Omaha.com, July 12, 2013.
http://www.omaha.com/article/20130712/NEWS/707129916
"Divided opinions over Johnny Depp's offer to buy Wounded Knee," Rapid City Journal, July 12, 2013.
http://rapidcityjournal.com/news/divided-opinions-over-johnny-depp-s-offer-to-buy-wounded/article_6ecc104f-05aa-59b7-ba8a-579ecee4e77b.html

 さすがの知名度。他にも続々と・・・・。
"Johnny Depp to buy Wounded Knee? Not all Native Americans welcome actor's interest in land," The Washington Post, July 13, 2013. http://www.washingtonpost.com/national/johnny-depp-to-buy-wounded-knee-not-all-native-americans-welcome-actors-interest-in-land/2013/07/12/774f0d86-eb2b-11e2-818e-aa29e855f3ab_story.html
"Johnny Depp Not the Only Hope for Reclaiming Wounded Knee," ICTMN, July 12, 2013.
http://indiancountrytodaymedianetwork.com/2013/07/12/johnny-depp-not-only-hope-reclaiming-wounded-knee-150392


 こちらも昨日入手していたニュースだが、アメリカインディアン史でよく知られているもう一つの事件、サンドクリークの虐殺の犠牲者の子孫たちが、連邦政府に賠償を求める集団訴訟をデンバー市の連邦地裁で開始した。事件から149年になる。
 サンドクリーク虐殺子孫トラスト(SCMDT)がこれまでに確認している子孫の数は、15,000人を超えている。
"Sand Creek Massacre descendants sue federal government for reparations," The Denver Post, July 11, 2013.
http://www.denverpost.com/breakingnews/ci_23642176/sand-creek-massacre-descendants-sue-federal-government-reparations

サンドクリーク虐殺の関連記事:
http://ainupolicy.hateblo.jp/entry/20130224/1361634664

転載元:http://ainupolicy.hateblo.jp/entry/2013/07/12/235218

広告を非表示にする