AINU POLICY WATCH

――In Light of the U.N. Declaration on the Rights of Indigenous Peoples――

上の写真:ジュネーヴのサン-ピエール大聖堂からレマン湖を望む。

国連経済社会理事会人権委員会の先住民族の文化遺産保護に関する「横田・サーミ評議会文書」とアイヌ民族の遺骨・副葬品の返還

 国連での「先住民族文化遺産」に関する議論は、国連の「先住民に関する作業部会(U.N. Working Group on Indigenous Populations=UNWGIP)」の当時の議長であったエリカ-イレーヌ ダイスによる1995年の「先住民族の遺産保護に対する原則と指針」報告書(E/CN.4/Sub.2/1995/26)が提出された後、暫く間が空いたが、その報告書を基点にして、横田洋三氏とサーミ評議会の共同作業で2004年に作業文書(E/CN.4/Sub.2/AC.4/2004/5)が、2005年にその拡大版(E/CN.4/Sub.2/AC.4/2005/3)がUNWGIPに提出され、さらに2006年にその修正版として「先住民族文化遺産の保護に関する指針案」(E/CN.4/Sub.2/AC.4/2006/5: 16 June 2006)が提出された。「先住民族の権利に関する国連宣言」(以下、「権利宣言」)が採択される前年に提出され、その年の経済社会理事会文書として存在しているこの文書は、「権利宣言」における「先住民族文化遺産保護」に関する条項の考え方を理解する上で貴重な注釈を与えている重要な文書の一つである。言うまでもなく、上記の一連の作業の担当者である横田洋三氏は、現在、政府のアイヌ政策推進会議――9月11日に北海道で初めて開かれるという政策推進作業部会の本体――のメンバーであり、先月の北海道アイヌ協会主催による「先住民族の日」のお祝い行事に講師として招かれていた方でもある。2004年の作業文書に関しては、10年近く前の2004年に『先住民族の10年News』第110号に短評が掲載されていた(「先住民族の遺産に関する横田・サーミ文書」)。

[追記:9月11日の会議は、野村さんが言及していた「話し合いのテーブル」という性質のものではなく、政府の政策推進会議が存在を示すために乗り込んでくるという性質のものであろう。<http://don-xuixote.hatenablog.com/entry/2013/07/20/013034>]

 この国連文書における「先住民族文化遺産」には、遺骨や副葬品が含まれている。アイヌ民族の遺骨・副葬品返還問題との関連で、2点(遺骨・副葬品の返還と先住民族の慣習法・制度に則った紛争解決)に絞って、関連段落を訳出することにする。(私がつたない訳をするよりは、執筆者ご本人が訳される方が望ましいということはもちろんなのだが・・・。ご自身の団体で既に翻訳されているのかもしれない。もし翻訳版が存在していれば、北海道アイヌ協会あたりは、入手されているのではないだろうか。)

 遺骨と副葬品に直接言及があるのは、11ページの第33段落である。

先住民族の人骨と関連埋葬品、および証拠資料は、適宜、先住民族の子孫たち、またはその管理者たちに、文化的に適切な方法で返還されるものとする。人骨が誰のものであるか特定できない時、あるいは子孫がいない時には、祖先の遺骨は、その先住民族の正当な代表者たちに文化的に適切な方法で返されるものとする。祖先の遺骨への侵入的研究調査は、その由来を特定する目的のものを含めて、当該先住民族の自由で事前の情報に基づく同意がある場合にのみ行われるものとする。
(33. Indigenous human remains and associated funerary objects and documentation shall be returned to their descendants, or custodians, as may be appropriate, in a culturally appropriate manner. When the identity of the human remains cannot be established, or there are no descendants, the ancestral remains shall be returned to legitimate representatives of the indigenous people in a culturally appropriate manner. Intrusive research into ancestral remains, including with the objective to identifying their origin, shall only take place with the free, prior and informed consent of the indigenous people concerned.)

 アイヌ遺骨返還請求訴訟の原告側主張において強調されているアイヌ民族の慣習法・制度に関連しては、いくつもの言及がある。一部を訳出する。

I. 指針の根本基準

先住民族文化遺産の保護は、

(f) 先住民族の慣習法はその自決権の本質的な一部を成していることを認め、それゆえに、例えば、所有権、権利の運用、共同体の決定作成の諸問題に関して、慣習的な使用、実践、および規範が、可能な最大限度まで、先住民族の文化的遺産の法的な保護を導くことを保証するものとする。(3ページ)

(s) 先住民族の高齢者の根本的な役割を、先住民族の知識の管理人および先住民族の慣習法の源泉の双方として、認めるものとする。(4ページ)

I. THE UNDERLYING CRITERIA OF THE GUIDELINES
Protection of the cultural heritage of indigenous peoples shall:

(f) Recognize that indigenous peoples' customary laws constitute an intrinsic part of their right to self-determination and shall thus ensure that customary uses, practices and norms guide the legal protection of indigenous peoples' cultural heritage to the greatest extent possible, for example on questions of ownership rights, management of rights and communal decision-making;

(s) Recognize the fundamental role of indigenous elders as both custodians of
indigenous knowledge and sources of indigenous customary laws;

 「III. 核心的かつ具体的な本質的原則」の下の「B. 自由で事前の情報に基づく同意(以下、FPICと略す)」の項目には、次のようにある。

6.国家は、その国内法体系においてFPICの原則を実施するものとする。特に、FPICを取得するための法的な制度や仕組みは、当該先住民族の関連する慣習法を尊重し、適法性と明晰さを保証し、そして先住民族およびその個人、あるいは先住民族文化遺産の要素の公認された使用者に対して負担を創出しないものとする。(7ページ)

III. CORE AND SPECIFIC SUBSTANTIVE PRINCIPLES
B. Free, prior and informed consent

6. States shall implement the principle of free, prior and informed consent in their domestic legal system. In particular, legal systems or mechanisms for obtaining free, prior and informed consent shall respect the relevant customary laws of the indigenous peoples concerned, ensure legality and clarity, and shall not create burdens for indigenous peoples and individuals or authorized users of elements of indigenous peoples' cultural heritage.

 「I. 国内法、実施、予防的保護」の項目には、次のような原則が明記されている。

24. 先住民族文化遺産に関係する国内法は、先住民族文化遺産の管理に関する先住民族の慣習法を承認するものとする。また、国内裁判所および行政機関は、先住民族文化遺産に関係する慣習法を承認しかつ尊重するものとする。(10ページ)

28. 先住民族文化遺産に関する訴訟手続きにおける証拠規則は、関係民族の文化および係争中の文化遺産の要素に関係する慣習法に適合させるものとする。(11ページ)

I. National legislation, implementation and preventive protection

24. National legislation pertaining to indigenous peoples' cultural heritage shall recognize indigenous peoples' customary laws concerning the management of their cultural heritage. Also, national courts and authorities shall recognize and respect the customary laws pertaining to the cultural heritage of indigenous peoples.

28. Rules of evidence in legal proceedings with regard to indigenous peoples' cultural heritage shall be adapted to the relevant people's cultures and customary laws pertaining to the element of the cultural heritage in dispute.

「E. 先住民族文化の要素の侮蔑的、文化的その他の点で不快な使用」の各項目も一読に値するが、今夜はここまでにしておく。要するに、全体を通して読まれるべきであることは言うまでもないが、そこまで要求する方には翻訳料を請求せねばなるまい。(この部分は、明晩にでも時間が取れれば、強調部分くらいは訳出するかもしれない。)

E. Derogatory, culturally or otherwise offensive use of elements of indigenous culture

12. The use of elements of indigenous peoples' cultural heritage, including elements already readily available to the general public, that are insulting, derogatory or otherwise culturally offensive to the people from whom the elements originate shall always be discontinued. This shall apply in particular to the use of elements of indigenous peoples' cultural heritage of a sacred character. Moreover, use of an element of indigenous peoples' cultural heritage, including elements already readily available to the general public, is never acceptable if:

(a) It has been acquired by theft, bribery, coercion, fraud, trespass, eception, misrepresentation or other illicit or dishonest means;

(b) It has been acquired in violation of standards for obtaining the free, prior and informed consent, such as if misleading information was presented in order to obtain the consent;

 以上の「横田・サーミ文書」は、こちら:
"STANDARD-SETTING: FUTURE PRIORITIES FOR STANDARD-SETTING ACTIVITIES
Review of the draft principles and guidelines on the heritage of indigenous peoples Working paper submitted by Yozo Yokota and the Saami Council"

 以上を読んだ後、こちらで言う「尊厳を重視」について考えてみるのもよかろう。
http://blog.goo.ne.jp/ivelove/e/9483d43f31647a00393e0d337d604d35
http://blog.goo.ne.jp/ivelove/e/d7a510bc56a88e363f518e85cf973c24



P.S. 長い1日がやっと終わった。
"Norah Jones - The Long Day is Over" posted by penguuinz at http://youtu.be/mcdbGxYX9es


転載元:http://ainupolicy.hateblo.jp/entry/2013/09/02/002755

広告を非表示にする