AINU POLICY WATCH

――In Light of the U.N. Declaration on the Rights of Indigenous Peoples――

上の写真:ジュネーヴのサン-ピエール大聖堂からレマン湖を望む。

ホンジュラス:1859年の条約によりミスキート インディアン社会の土地権承認

 1859年の大英帝国との条約で、ホンジュラスは、ミスキート インディアン社会に対して土地の権原を承認し、彼らの自治権を承認することに合意していた。12日(木)に、ホンジュラス政府は、1859年の同条約を認めて、昨年に付与された265,000エーカーに加えて160万エーカー(655,000ヘクタール)余りの土地の権原をミスキート諸共同体に付与したと発表した。これは、同国領土の7パーセント余りの広さの土地である。(土地面積に関しては、NYTの方が広く報じている。正確な数字に興味のある方は、ご自分でお調べ下さい。)

 中南米諸国では、少しずつ先住民族の権利推進政策に手がつけられているようである。

"Honduras grants Miskito Indians title to huge swath of coastal, border lands they occupy," The Washington Post, Sep. 12, 2013.
http://www.washingtonpost.com/world/the_americas/honduras-grants-miskito-indians-title-to-huge-swath-of-coastal-border-lands-they-occupy/2013/09/12/caa34f12-1c0c-11e3-80ac-96205cacb45a_story.html

"Honduras Grants Land to Indigenous Group, in Bid to Help It Protect Forests," The New York Times, Sep. 13, 2013.
http://www.nytimes.com/2013/09/13/world/americas/honduras-grants-land-to-indigenous-group-in-bid-to-help-it-protect-forests.html?_r=0

転載元記事

広告を非表示にする