AINU POLICY WATCH

――In Light of the U.N. Declaration on the Rights of Indigenous Peoples――

上の写真:ジュネーヴのサン-ピエール大聖堂からレマン湖を望む。

過去を取り戻す

「過去を取り戻す:インディアン トライブと文化返還法」、11月11日、イェール大学法科大学院
f:id:Don_Xuixote:20131107004741p:plain

P.S.(2013.11.07, 15:37):

☆とてつもなく「困難」な作業

 上のポスターの3人の先住アメリカ人女性は皆、いわゆる「確立した学者」ではない。言うなれば、まだ駆け出しの――新進気鋭の、と言うべきか――3人である。これまでにも言及したことのあるキーラーさん(真ん中)は、とてつもなく「困難」な作業に取り組んでいる。<http://ainupolicy.hateblo.jp/entry/2013/05/20/015810、他>

 奇しくも、先日の道新社説(http://ainupolicy.hateblo.jp/entry/2013/10/22/001202)で私は、彼女の論文の一節を思い出していた。「アイヌ人骨」の一体一体の特定作業は、まさにとてつもなく「困難」な作業である。それゆえに(?)、この国の政府も学者たちも、そして外見的には、北海道アイヌ協会の代表者たちも(?)、「困難」な作業への取り組みを避け、早く器だけを造れとの大合唱である。

 これも前に書いたことではあるが、アイヌ民族博物館が完成した暁には、海外に流出しているアイヌ民族の文化遺品の返還を求める構想もあるのではないか。2つ前に投稿したハワイイの事例だけでなく、近年のオーストラリアやニュージーランドの事例を見てもわかるように、これらの国々の先住民族は、公的機関の協力も得ながら、まさに「困難」な仕事に取り組んできたのだ。

 翻って、今のアイヌ政策関連会議で進められているような方針や準備態勢で、海外の博物館や研究機関を納得させることができるであろうか。

 明日は午後2時から札幌地方裁判所で、アイヌ遺骨返還請求裁判の第6回公判が予定されている。その後には集会もあるようである。特定の大学の学生に限らず、札幌やその近辺の大学でアイヌの歴史や文化を学んでいるアイヌの学生さんたちに、是非、傍聴に行って欲しい。お膳立てされたプログラムの定食――具材の虚偽表示の多い昨今でもある――だけでなく、時には自分で"food for thought"(思考の糧)を選んで食べて、考えてみて欲しい。かつて教育に関わっていたこともある私からの願いである。

 近い将来、北大法科大学院で、若きアイヌの女性3人が――もちろん男性でも構わないが――「過去を取り戻す――アイヌ民族の自決権とアイヌ遺骨・文化遺品返還法」などと題したシンポジウムを開催していることを夢見たい。


P.S. #2(2013.11.11):

 8日の裁判の様子と今後の日程などが報告されています。http://hokudai-monjyo.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/131-85ae.html


P.S. #3(2013.11.14):

☆博物館、「過去」を返還
"Museum returns sacred items to tribe"
http://www.athensnews.com/ohio/article-41072-museum-returns-sacred-items-to-tribe.html

☆米司法長官、「過去」を決して忘れてはならない
"AG Eric Holder: ‘We Must Never Forget’ What Was Inflicted on Natives"
https://indiancountrytodaymedianetwork.com/2013/11/13/ag-eric-holder-we-must-never-forget-what-was-inflicted-natives-152232

"Obama Delivers Remarks at Tribal Nations Conference"
http://www.newslook.com/videos/631003-obama-delivers-remarks-at-tribal-nations-conference


P.S. #4(2013.11.16):

☆奴隷制に関する2つの歴史研究(法)

"Yale conference focuses on enslavement of Native Americans"
http://www.nhregister.com/general-news/20131115/yale-conference-focuses-on-enslavement-of-native-americans

"A History of Slavery and Genocide Is Hidden in Modern DNA"
http://blogs.smithsonianmag.com/science/2013/11/a-history-of-slavery-and-genocide-is-hidden-in-modern-dna/


転載元記事