AINU POLICY WATCH

――In Light of the U.N. Declaration on the Rights of Indigenous Peoples――

上の写真:ジュネーヴのサン-ピエール大聖堂からレマン湖を望む。

ウェズリヤン大学、先住アメリカ人遺骨の返還開始と公式謝罪

 アメリカ、コネチカット州にあるウェズリヤン大学(Wesleyan University)が最近、100年以上にわたって保有してきた15体の先住アメリカ人遺骨を返還することを公表し、同大学のウェブサイトには、遺骨をそれほど長い期間保持し続けたことに対して「すべてのネイティヴ ネーションズと先住民族に対する」公式謝罪を掲載している。

 先住アメリカ人にとって遺骨は非常に神聖であるため、トライブは、それらの写真を撮ったり、明細を公表しないように主張している。同大学は、副葬品も保有していると考えられている。

"Wesleyan Begins Returning Native American Artifacts," The Hartford Courant, December 9, 2013. http://p.tl/Uktf


転載元=http://ainupolicy.hateblo.jp/entry/2013/12/10/013839