AINU POLICY WATCH

――In Light of the U.N. Declaration on the Rights of Indigenous Peoples――

上の写真:ジュネーヴのサン-ピエール大聖堂からレマン湖を望む。

政治家たちの言葉

 2つ前の記事の4上院議員の言葉――もう少し詳しく引用すればよかったが――と、2009年衆議院議員選挙の際に毎日新聞が行なったアンケート結果に表明されている小選挙区立候補者の言葉を比較されたい。

 「(問5)アイヌ新法はどのような法律、内容にすべきか」

松井秀明 共新
国の責任を明確にし、生活の安定・向上、民族的文化の保護、アイヌ民族の子どもの高校や大学生などへの就学費の助成や奨学金制度の確立など発達権の保障、政治参加の道の拡大


◇高元和枝 諸新
アイヌ民族先住民族と認め、アイヌ文化振興のために工芸技術や語学研修を推進し、観光業を振興させる。奨学金などの教育支援や職業訓練などの就業支援制度の創設を定める


横路孝弘 民前
アイヌ先住民族であることを明記し、言語や伝統文化の保存振興、人権や経済的・社会的権利の保障、一切の差別撤廃をめざす内容とする。教育・就労支援等にも言及すべきだ


長谷川岳 自新
国のアイヌ文化復興に対する姿勢と覚悟を示し、アイヌ民族の日の制定や学校教育の充実、民族共生の象徴となるような施設の整備、生活向上関連施策の実施等を盛り込むべきだ


吉川貴盛 自前
アイヌ民族を日本の先住民族として認め、総合的な施策は国の責任で推進する。民族の共生について国民理解を促進する。アイヌ政策の統括推進セクションと、審議機関の設置


三井辨雄 民前
先住民族としての位置づけや国連宣言の意義、従来のアイヌ施策の評価を踏まえ、アイヌアイデンティティーや多様な文化と民族の共生を尊重し、国民の理解を促進する法律


◇山本志美 諸新
幸福実現党には多種・多様な価値観を持つ人々を広く受け入れ、日本を繁栄へと導くビジョンがある。それにのっとり当然アイヌの皆様の文化様式も尊重していくことを明記する


◇岡千陽 共新
アイヌ民族の生活と権利の保障。小中高・大学生の就学費・奨学費への助成など、アイヌ民族の子どもの発達権の保障が大切です。「先住民族の権利宣言」の全面的実行です


◇本田由美 社新
アイヌ民族先住民族と認め、同化政策や土地政策の実態と影響を全国的に調査するべきだ。差別や貧困を無くすための対策を強化。教育や福祉政策、自然資源利用権が必須


石崎岳 自前
国民意識を促進する学校教育や広報活動を充実。道内外問わずアイヌ民族の経済・生活支援策などを早期に実現。これらの根拠法としての新法の早期制定に全力を尽くしたい


荒井聡 民元
アイヌ先住民族として認定した上で、当事者の目線に立った内容にすべきだ。生活・教育支援などを確実に推進し、さらに道外在住のアイヌにも展開するための根拠法が必要


◇森山佳則 諸新
アイヌ民族先住民族と認め、アイヌ文化の振興のため工芸技術や語学について学びに力を入れ、観光業を振興させる


鉢呂吉雄 民前
アイヌ民族を先住民として認め、言語や伝統文化の保存振興にとどまらず、人権や経済的社会的権利を保障する総合的施策を盛り込んだ法律を制定すべきだ


◇鶴見俊蔵 諸新
アイヌ民族先住民族と認め、アイヌ民族という個性をすべての国民が受け入れることを宣言する。そしてさまざまな社会活動におけるチャンスの平等を保障することが重要である


◇宮本融 自新
アイヌ民族としての誇りを回復させるため、失われつつある言語や生活文化の維持及び復興に国としてつとめるとともに、アイヌ系の人々の生活実態の調査を可及的速やかに行う


◇畑野泰紀 諸新
チャンスの平等を保障し、多方面(宗教教育を含む)からのアプローチにより、民族への理解と、互いの歩みよりをはかる政策が必要である


小林千代美 民元
アイヌ民族に対する差別や偏見を払拭(ふっしょく)するとともに、アイヌ文化や言語などへの理解や保護、継承など、アイヌ民族の人権を尊重し、権利を確立する総合的な施策を進める


町村信孝 自前
国会決議に基づきアイヌ民族を日本の先住民族と認め「アイヌの日」を制定し国民理解の促進を図り、アイヌ民族に対する総合的な施策は国で一元化し責任をもって取り組むこと


佐々木隆博 民前
アイヌ民族先住民族と認め、言語や伝統文化の保存振興にとどまらず、人権や経済的社会的権利を保障する総合的施策を盛り込んだ法制化が必要


◇荻生和敏 共新
国会は全会一致で「先住民族とすることを求める決議」を採択しており、この立場に立ち、国連の「先住民族の権利宣言」の46条にそった施策を展開する法律の内容とすべきです


◇武田慎一 諸新
アイヌ民族を先住民と認め、アイヌ文化振興のために、もろもろの社会活動のチャンスの平等を保障し、奨学金や職業訓練などの支援制度を創設すべきだ


今津寛 自前
アイヌの人々が先住民族で、その文化の復興に配慮すべき責任が国にあるという認識に基づき、アイヌ民族の権利を最大限保護・尊重し、国民の正しい理解と知識の共有を図る


仲野博子 民前
アイヌ先住民族としての地位を十分に尊重した上で、文化的財産の保護や社会的地位の向上、経済的な支援に取り組むべき内容とすべきであります


伊東良孝 自新
先住民族としての位置づけを明記し、アイヌ民族と日本人のあらゆる格差を解消し、新たなアイヌ文化の振興に尽力する。昔からの狩猟や漁業の権利を認め生活空間を再生する


◇金成幸子 諸新
アイヌ民族先住民族と認め、文化振興のために工芸技術や語学研修を推進し、観光業を振興させる。教育支援や職業訓練等就業支援制度を制定する


福島啓史郎 自新
先住民族の権利保護は国際的流れとなっている。先住民族の権利に関する国際連合宣言における関連条項を参照にアイヌの人々の要望等を踏まえつつ総合的に対応


逢坂誠二 民前
アイヌ民族先住民族として改めて認定明記し、先住権、教育権、就労権などの人権を尊重し、アイヌ民族としての権利が確立できるような総合的施策の進展をうたったもの


◇西野晃 諸新
国としてアイヌ民族を先住民として認めると共に、就業支援制度を定めて社会活動におけるチャンスの平等を保障し、アイヌ文化の復興支援を推し進めてゆくこと


佐藤健治 無新
独自文化の維持と研究を早急に進めること。このままでは融合により消滅してしまう


佐藤昭子 共新
先住民族の権利宣言」にうたわれている46カ条の諸権利を全面的に実効あるものにすること。国の責任で生活向上、文化保護、教育などの諸権利を保障するアイヌ新法の制定


鳩山由紀夫 民前
アイヌ民族先住民族と位置づけ言語や伝統文化の保存振興、伝統的生活空間の再生、国民の理解を促進する学校教育、経済的社会的権利の保障につながる総合的施策


里村英一 諸新
アイヌ民族先住民族と認め、アイヌ文化振興のために工芸技術や語学研修を推進し、観光業を振興させる。奨学金などの教育支援や職業訓練などの就業支援制度の創設を定める


◇川畑悟 自新
アイヌ民族の方々が幸福な生活を送れるような施策を展開すべきだ


小平忠正 民前
まずは、アイヌの皆さんが民族や自己に誇りを持てるようにしていくことが重要。そのためには、民族文化の保護・研究が不可欠。また教育支援や、経済的支援などが必要


◇大林誠 諸新
あらゆる面で国民としての機会均等を保障し、民族としての独自性を保護育成し、尊重できるような教育面や文化施設等の整備を進めながら、多民族無差別社会の先駆けとする


飯島夕雁 自前
先住民族であることを尊重し、これまでの被差別的な待遇に対しての反省を行い、今後に向けて文化伝承のための手立てを充実させ、北海道の一つのカラーとして発信すべきだ


中川昭一 自前
決議を重く受け止め、独自性を有する先住民族であるとの認識の下、国連宣言における条項を参照しつつ、有識者を設置したところであり、必要な支援などに取り組みたい


◇渡辺紫 共新
国、道は「先住民族の権利宣言」の諸権利を全面的に実効あるものにする。子供の貧困と差別をなくすため、小中学生及び高校生、大学生の就学費への助成や奨学金の制度を確立します


石川知裕 民前
明治維新以降の同化政策や土地の収奪など、これまでのアイヌ政策の歴史を検証しなければならない。少数民族としての地位を認め、失われつつある伝統文化の振興を図るべきだ


武部勤 自前
独自の文化を有し北海道の先住民族であるアイヌの人々の意見をはじめ、有識者懇談会、関係府省等の意見を踏まえ、社会的・経済的地位向上を図るよう総合的な施策を確立する


松木謙公 民前
アイヌ民族が、北海道の先住民族であることは疑いない事実。先住民族の歴史と文化を尊重すること、私を含め道民の大半を占める入植者の子孫との共生をうたうものとしたい


笠松長麿 諸新
アイヌの方々への差別が異常であれば、法律で保護する必要はある。あまりに過度な保護政策は、21世紀の日本にふさわしくなく、差別なくどんどん活躍していただきたい


出典:「'09衆院選小選挙区の候補者に聞く 政策編/1~4/北海道」、毎日新聞、2009年8月20日、21日、23日、24日(地方版)。
http://blog.goo.ne.jp/ivelove/e/35925c609f9f691293c36deb79236cac
http://blog.goo.ne.jp/ivelove/e/1d0f0df6ba9d084c642114cb67ac508f
http://blog.goo.ne.jp/ivelove/e/1fc8fe8e3aeb72957b925958d0c395f5
http://blog.goo.ne.jp/ivelove/e/53eb50dbeb6aa8c21daeaed6d07d3111

 他の設問――例えば、「北方領土」についての問3と問4――との整合性や矛盾も見ていくと面白いのだが、長くなりすぎるのでやめておく。笑ってしまいそうな回答もあるが、我慢する。

 目にした記憶はないのだが、一昨年末の衆議院選の時も毎日新聞は、同様の企画を載せていたのだろうか。毎日新聞は、2009年の頃は元気が良かったが、最近すっかり元気なくなったな――アイヌ政策の取り上げ方に関する話。

 公平のため、太字や色づけなどでの強調はやめておく。(終わった選挙だから、やってもいいかもしれないが。)

 コピー&ペーストは慎重にやったつもりだけど、最近目も弱ってきているから、万一落としている候補がいたら、ゴメンナサイ。知らせてもらえれば、訂正します。

 選出された議員、特に今日も現職の議員に贈る歌:♪みんなウソだったんだね~♪

「ずっとウソだった。 斉藤和義  会津若松」(rin5xyさんの投稿動画):http://youtu.be/XAg_qPPLMQM


転載元:http://ainupolicy.hateblo.jp/entry/2014/01/28/003902

広告を非表示にする