AINU POLICY WATCH

――In Light of the U.N. Declaration on the Rights of Indigenous Peoples――

上の写真:ジュネーヴのサン-ピエール大聖堂からレマン湖を望む。

今日は「国際母語デー」

 国連広報センターの広報資料(プレスリリース14-010-J 2014年2月21日)の転載:

国際母語デー(2月21日)に寄せるイリーナ・ボコヴァUNESCO事務局長メッセージ


国連教育科学文化機関(UNESCO)とそのパートナーはこれまで14年間、「国際母語デー」の記念行事を行ってきました。世界中で様々な活動や会議、コンサート、セミナーを開催し、言語の多様性と多言語使用の重要性を訴えています。

母語の保護と普及は、地球市民の育成と本質的な相互理解の実現においてカギを握っています。複数の言語を理解し、話すことは、私たちが暮らす世界の文化交流の豊かさに対する理解を深めることにつながります。現地語を認識することで、さらに多くの人々が意見を伝え、自分たちの運命共同体へ積極的に参加できるようになります。人類が話す7,000の言語が、調和を保って共存するよう促すため、UNESCOが全力を尽くしている理由もここにあります。

今年、私たちは「科学に着目し、地球市民育成のための現地語を考える」というテーマを掲げ、言語が知識の取得、伝達、多元性をどう確保しているのかを示すことに力点を置いています。一般的な常識に反し、現地語には数学、物理学、テクノロジーなど、最も現代的な科学知識を伝達できる能力が十分にあります。こうした言語を認識することは、ともすれば見過ごされがちな多くの伝統的科学知識を取り入れ、私たちの全体的な知識基盤をさらに豊かにすることも意味します。

世界的に見て、科学の分野で用いられている言語の過半数は、現地語にあたります。こうした言語は最も大きな存続の危機にさらされています。言語を排除すれば、その話者は科学知識の入手という基本的人権からも排除されることになります。

その一方で、「地球村」の住民たちが関係を深めるにつれ、文化間の理解と対話はこれまでにも増して極めて重要になっています。今日の世界では少なくとも、1つの現地語、1つの共通語、そして1つの国際語という 3つの言語を用いて、ローカル、グローバル双方のレベルでコミュニケーションを図ることが標準的となっています。創造性、革新性、包摂性という点から見て、こうした言語と文化の多様性は、私たちの将来にとって絶好のチャンスを提供できる可能性を秘めています。このチャンスを逃してはなりません。

「国際母語デー」は過去10年以上にわたり、幅広い意味での意識の形成において言語が果たす多くの役割を強調し、個々の社会の暮らしと課題解決に貢献できる手段を備えた地球市民を育成することに役立ってきました。私はUNESCOの全加盟国、2014年の国際デー開催に協力している国際フランス語圏機関、市民社会の活動家、教育者、文化団体、メディアに対し、こうした言語的多様性の利点を平和と持続可能な開発の実現に向け、最大限に活用するよう呼びかけます。

*********


Message from Ms Irina Bokova, Director-General of UNESCO,
on the occasion of International Mother Language Day (21 February 2014)


For 14 years now, UNESCO and its partners have celebrated International Mother Language Day. We have organized activities, conferences, concerts and seminars around the world to highlight the importance of linguistic diversity and multilingualism.

The protection and promotion of mother languages are keys to global citizenship and authentic mutual understanding. Understanding and speaking more than one language leads to a greater understanding of the wealth of cultural interactions in our world. Recognizing local languages enables more people to make their voices heard and take an active part in their collective fate. That is why UNESCO makes every effort to promote the harmonious coexistence of the 7,000 languages spoken by humanity.

This year, we place special emphasis on “Local languages for global citizenship: spotlight on science”, showing how languages ensure access to knowledge, its transmission and its plurality. Contrary to popular wisdom, local languages are perfectly capable of transmitting the most modern scientific knowledge in mathematics, physics, technology and so on. Recognizing these languages also means opening the door to a great deal of often overlooked traditional scientific knowledge to enrich our overall knowledge base.

Local languages constitute the majority of languages spoken across our world in the field of science. They are also the most endangered. Excluding languages means excluding those who speak them from their fundamental human right to scientific knowledge.

And yet, the rapprochement of peoples in the “global village” makes working towards intercultural understanding and dialogue ever more vital. In today’s world, the norm is to use at least three languages, including one local language, one language of wider communication and one international language to communicate at both the local and global levels. This linguistic and cultural diversity may be our best chance for the future: for creativity, innovation and inclusion. We must not squander it.

International Mother Language Day has contributed for more than a decade to highlighting the many roles played by languages in shaping minds, in the broadest sense, and building a global citizenship where we all have the means of contributing to the lives and challenges of societies. I call upon all the Member States of UNESCO, the International Organisation of La Francophonie - which is associated with the Day in 2014 - those active in civil society, educators, cultural associations and the media to make the most of this promise of linguistic diversity for peace and sustainable development.

 かつて、元駐日米国大使だったライシャワー氏は、日本語は科学・技術には適さないというようなことを言ったとか。


P.S.(2014.02.21):
 また少々うろ覚えで書いたので、もう少し正確に書いておくことにする。

・・・読みかたの複雑な漢字、とにかく漢字のほとんどに音と訓のあることによって日本語は世界に類例をみない煩瑣な国語となり、これが近代日本の知的、技術的向上において、深刻な障害となった。
 ―――こう述べたあとで、ライシャワーは主張する。

 このような事態の改善には、漢字の廃止しかない。漢字を廃して、千年前の純粋表音表記に帰ることである。さらによいことは、ラテン・アルファベットの採用であろう。しかしこれは容易な仕事ではあるまい。(略)漢字の全廃は科学、技術用語の全面改革となるだろう。数千語の漢語が、やまとことばか外来語で置き換えられることになるから、これは大変な仕事になるにちがいない。しかし、将来を考えれば、充分に価値のある仕事であろうと思われる。

 これに対して、吉田富三という人が反論した。

・・・私は日本の歴史、国語、言語学等の専門の方面に対して、学問的立場からのライシャワー説へのコメントを望みたい。そのゆゑは、日本語は日本人の生命だからである。我々がいまかうして考へ、書き、語つてゐる一つ一つの言葉が、我々日本人の思索と思想の根元的要素であり、その一語一語の重要なものが「漢字」に懸つてゐる事実を思へば、漢字の問題ほど日本人にとつて重要な問題はない。基本的人権と類を同じくする問題である

 以上は、吉田直哉『癌細胞はこう語った 私伝・吉田富三』(文春文庫、1995年)第7章「国語政策への挑戦」の203-206ページからの引用である。もう少し読み進むと、209ページに「漢字を交へた文書の共通の理解によつて、国語の統一も民族の均質性も保たれて来たのではなかつたか」との言も出てくる。(上記の太字による強調は追加。) 今、他のことで時間が取れないので、今夜はここまでにしておく。


P.S. #2(2014.02.22):

 今執筆中の原稿に自分が過去に書いたものが必要になって探しているのだが、もう使うことはないと思っていたので、どこに入れたのか見つからないでいる。その途中で、「国際先住民(族)年」に文庫化されて出た田中克彦『国家語を超えて』(ちくま学芸文庫、1993年)が書棚にあったので、パラパラとページを繰ってみた。数カ所に紙が挟んである。そのうちの1つ、「考えさせないことばの伝統」(p. 137~)の最初の見出しは「定義ファシズム」である。

・・・二十世紀になってからでさえ、いくつもの民族が、強力な伝達力を持った大言語の利益を捨てて、わざわざ小さな方言を選んでそれを国語とする道をえらんだ。(略)

 現実そのものではなく、現実に対する解釈や判断を含まざるを得ない、あるいはそれを本性とする言語は、口から発せられたとき、共有の伝達の具というすがたをとりながら、じつは特定の事項に焦点をあてることによって、それ以外の事項を視野から遠ざけ、それについての思考を排除するはたらきをもつ。
「ことばは思考の道具である」と、よく教科書的にくり返されるこの表現にも、同じようなはたらきが現れている。ことばには、いまだ発見されざる思考のすじみちを切り開くちからがあるとともに、・・・ある状況に特定の焦点づけをあてがうことにより、思考をあらかじめ定められた軌道の上を滑らせるよう誘い込むはたらきをもそなえている。思考が、あらゆる論理的、感性的なものへの自由な探求であるとするならば、それを阻むことばのはたらきは、むしろ思考にとっての敵となる。したがって、「科学的真理」の名で客観的なよそおいをとって示される「定義」や「擬似定義」は、煽動家にとって欠かせない道具であり、その道具は、それに続く小煽動家をたえまなく作り出すであろう。(pp. 137-139)

 次の節の「『文法主義』の権力」は、このように始まる。

 近代国家が、常にことばの規範化と標準化を求めるのは、必ずしも「ことばが通じないと困る」というような伝達の必要からだけとはかぎらない。各地にしぶとく残り続ける方言や異族の言語が持ち続ける固有の価値を破壊し、解体し、それを中央規範に吸収することなしに、中央集権は達せられない。(p. 139)

そして次の段落には、

 ことばの規範力によって、思考そのものを規範の枠に閉じ込める試みが確実に効力を発するためには、国民の大多数を読み書きの世界に参加させる必要があった。読み書きは知的経験の解放であると同時に、一層強力で精密化された規範への閉じ込めを可能にする。文字を知らない人たちが、それを知る人たちよりも、一層とらわれた考えかたをするとは限らないのである。(p. 140)

 少し前に戻って、「外国語を学ぶことの意味」という章(p. 096~)の「母語の教育」の節には、このような段落がある。ちょっと長くて入力が面倒だが・・・。

 子どもはしばしば、教師の与える「国語」の方が奇妙で間違っており、自分の方が正しいと思えるくらい、しっかりした土台をもっている。つまり、このような自然に使えることばについて、あらためて文法をやることは、いかにも無意味なわざであって、ふつうの子どもがそれに興味を示さないのはむしろ当然である。いったい、子どもが教師と対等に、その知識を論じあえる教科が他にあるだろうか。子どもはすでに自分の外に判断の基準を求める必要のない、みずからそれにひきあてて検証できる、固有の基準をもっているのである。母語の外に判断の基準を求める必要のない、みずからそれにひきあてて検証できる、固有の基準をもっているのである。母語の知識の核の部分は、一度できあがってしまうと他者に依存しないという特徴をもっているのである。(p. 104)

 眠くなってきたので、あと1件だけにしよう。「『蘭』からたちのぼる政治の香り」(p. 198~)の最後の節、「補強しあう商業化とアカデミシズム」より。

 学問は独自の領域を画定し、独自の原理にもとづいて内的に発展する自由を与えられているものだと我々はふだんは思っている。そう思うことによって、研究者は世俗の成功とは別の満足感を得られるようになっている。しかし、その自律が、それほど明快ではなく、むしろいつわりの色あいを帯びていることはいろいろな機会に経験しやすくなっている。少なくとも、学問と政治とを対立させ、外なる政治の学問に及ぼす外圧はたやすく目につくのに反し、学問が自ら政治を求め、それ自体が政治化していく、いわば内なる政治は容易に見破られるものではない。(p. 208)

 もう1段落引用したいのだが、今日では差別語とみなされている言葉が入っているので、この辺でやめておく。


転載元:http://ainupolicy.hateblo.jp/entry/2014/02/21/143553