AINU POLICY WATCH

――In Light of the U.N. Declaration on the Rights of Indigenous Peoples――

上の写真:ジュネーヴのサン-ピエール大聖堂からレマン湖を望む。

国連「規約人権委員会」報告書(草案)より

 国連の規約人権委員会は、3月にアメリカ合衆国の第4回定期報告を審査していたが、それに関する報告書(草案)が公表されている。その結論部分の第25段落に、次のようにある。自由権規約第27条との関連で、都市化、採掘産業、産業開発、ツーリズム、有毒物汚染の結果として起こる先住民族の(墓地を含む)聖域の冒瀆、汚染、破壊に対して不十分な対策しか取られていないことへの懸念が委員会によって表明されている。また、宗教的、文化的、精神的実践の保存に不可欠な聖域へのアクセスが制限されていること、そして先住民族との協議が不十分であることにも懸念を表明している。
 その上で、米国は、聖域に対する冒瀆、汚染、破壊に対して聖域を効果的に保護する措置を採り、潜在的な開発計画や天然資源開発の活動によって負の影響を受けるコミュニテイの自由で事前の情報に基づく同意を得る目的で確実に協議を行うべきであると意見を述べている。

25. The Committee is concerned about the insufficient measures being taken to protect the sacred areas of indigenous peoples against desecration, contamination and destruction as a result of urbanization, extractive industries, industrial development, tourism and toxic contamination. It is also concerned about restricted access of indigenous people to sacred areas essential for preservation of their religious, cultural and spiritual practices and the insufficiency of consultation conducted with indigenous peoples on matters of interest to their communities (art. 27).

The State party should adopt measures to effectively protect sacred areas of indigenous peoples against desecration, contamination and destruction and ensure that consultations are held with the communities that might be adversely affected by State party’s development projects and exploitation of natural resources with a view to obtaining their free, prior and informed consent for the potential project activities.


転載元:http://ainupolicy.hateblo.jp/entry/2014/04/17/011658

広告を非表示にする