読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AINU POLICY WATCH

――In Light of the U.N. Declaration on the Rights of Indigenous Peoples――

「ほっかいどう・寄り道紀行」(北海道新聞ブログ)

 昨晩、標記のブログに寄り道してみた。いきなり疑問が湧いた。

縄文文化とアイヌ文化をテーマに、あまり知られていない(知らせていないアイヌの人たちの自然と共に生きる暮らし並外れた芸術性を世界に発信したいと思い・・・。」
http://blog.hokkaido-np.co.jp/yorimichi/2014/05/6.html

 「縄文文化とアイヌ文化をテーマに」と一くくりにしたり、「並外れた芸術性」との持ち上げ方も気になるところだが、最も気になったのは、わざわざカッコに入れた「知らせていない」である。新聞記者とは文章の達人だという先入観をもつのがいけないのかもしれないが、この「知らせていない」の主語は何なのだろう。誰が「知らせていない」の? なぜ? 4W1Hのうちの2Wを読者は知りたいと思うのである。

 それにしても、「2010年に北海道開発局調査課さんからの委託」――政府の部署に「さん」を付けるかね――とか、「『ビジットジャパン(国土交通省観光庁)』の一環」だとか、ジャーナリズムと政府機関との距離の置き方などを話題にする方が、もう古臭いのか。それともこれは、単なる政府の広報記事として読めということか。これが、政策推進会議でY氏が提案していた――or 政策室の提案を代弁していた――「世界へ発信」の一環ということか。

 TV番組では「やらせ」が問題となるが、写真撮影では関係ないみたいだな。誰も"Enough is enough."と言う人はいなかったのだろう。何だか、過去のケンブリッジ調査隊(Cambridge Expedition)のアレンジを髣髴させる。

 北海道新聞社はアイヌ総合政策室と「有識者」の「政策推進」キャンペーンに協賛しているようであるから、今後、「カジノを含む統合型リゾート」構想について、どのようなキャンペーンを張るのか見ものである。

Cf. ケンブリッジ調査隊については、こちらの2本に登場している。
http://don-xuixote.hatenablog.com/entry/20120717/1342459258
http://don-xuixote.hatenablog.com/entry/2013/05/06/132748

P.S.(2014.05.10, 14:00):
 一応、上記ブログにはこの記事のことをお知らせするコメントを入れたのだが、承認されなかったみたいだ(笑)。


転載元:http://ainupolicy.hateblo.jp/entry/2014/05/09/222950