AINU POLICY WATCH

――In Light of the U.N. Declaration on the Rights of Indigenous Peoples――

上の写真:ジュネーヴのサン-ピエール大聖堂からレマン湖を望む。

自然人類学・考古学における「古代DNA」研究の方法、応用、そして倫理

 10月8日の札幌医科大学イチャルパの後、篠田謙一氏が「古代人のDNA分析でわかること」と題して講演したそうである(4つ前の記事)。功利主義的な話だけでなく、「倫理」についても詳しく語ったのであろうか。念のためにもう一度書いておくが、現在争点となっているアイヌ遺骨は「古代人」のものではない。「旧土人」と見下していた人々のお墓から官憲と癒着した「人骨学者」たちが盗掘して持ち帰った遺骨である。言葉のすり替えには要注意である。