AINU POLICY WATCH

――In Light of the U.N. Declaration on the Rights of Indigenous Peoples――

上の写真:ジュネーヴのサン-ピエール大聖堂からレマン湖を望む。

カナダの「文化的ジェノサイド」政策

 カナダ最高裁長官が、カナダの植民地時代の先住民族に対する同化政策を、今日で言うところの「文化的ジェノサイド」だと判決の中で述べた。
 これも『10年News』誌が存続していれば、M氏あたりが報告するのだろうが・・・。

Supreme Court Chief Justice Beverley McLachlin’s assertion that Canada attempted “cultural genocide” against aboriginal peoples is launching a debate on whether Canada has sugar-coated its history, failing to confront the magnitude of the harm it has done to aboriginals.

It is also highlighting a debate about the proper role of judges. Slightly more than two decades ago, the late Supreme Court justice John Sopinka urged judges to put aside their “fear of entering the political fray,” saying the biggest threat to free speech came from the judiciary’s self-imposed restraint. The Chief Justice’s comments, in a speech on pluralism Thursday night, was a step into that fray.


Chief Justice ignites debate over Canada’s treatment of aboriginals, The Globe and Mail, May 29, 2015.

 私の友人がいるガナワーゲのモゥホーク評議会の首長は、今日カナダの先住民でいることがどういうことを意味しているのかを普通のカナダ人が理解する一助となることを願うとコメントしているが、アイヌ政策有識者懇談会はそこまで言えなかったし、それを受けて政府(アイヌ総合政策室)が「国民の理解」促進のために始めたのは「イランカラプテ」キャンペーン!!!(P.S. 「イランカラプテ・キャンペーンの展開状況」⇒第21回「政策推進作業部会」議事概要、9-11ページ。)


 裁判と言えば、アイヌ遺骨返還訴訟のその後はどうなっているのだろう。さっぱり情報が出なくなってしまった感じである。
 日弁連は、人権救済の回答をいつ出すのだろうか。