AINU POLICY WATCH

――In Light of the U.N. Declaration on the Rights of Indigenous Peoples――

何か変だな

 今ここで読んだのだが、2015年11月10日の北海道新聞 (ブログ)が、「哀れを防ぐ知恵を生み出せ!」という記事を掲載している。年輩の方の文章だと感じて、ブログを訪問すると、やはりそのようである。「道新ブログ」というからには北海道新聞社としての公式見解として読んで良いのだろうか。その終わりの方に、次のような一段落がある。

日本ハムファイターズも他人事ではない。今回の「北海道は、開拓者の大地だ。」問題は、撤去差し替えは当然だが、北海道日本ハムファイターズを名乗りながら球団内に「このキャッチコピーはまずいよ。その理由はね、、、」と指摘する者がいなかったのか?

 今回のバナー騒動の経緯を遠くから見ながら、私は、「何か変だな」という違和感を拭いきれないでいる。既に自分の考えは書いたし、当事者同士が「一件落着」としたようだから、私はそれをことさら大きな問題にしようとも、したいとも思わない。その「変だな」については、また日を改めて書きたいと思うが(夜も遅いし、下書きしていたメモ帳が「紛失」しているため――多分、「もういいや」と消去してしまったのだろう)、もし上の見解がブログ記事投稿者個人のものでなく、北海道新聞社のものであれば、なおさら「変だな」と思う。撤去されたバナーは、6月から掲げられていたというではないか。空港で見たことのある同社の誰も、「『このキャッチコピーはまずいよ。その理由はね、、、』と指摘する者がいなかったのか?」


P.S.:最初のP.S.は削除した。週末にゆっくり読まれる方のために、こちらの「カムイ達」というブログ記事を紹介しておきたい。じっくりと時間をかけて1本の記事を書かれる方のようである。見習わないといけないなとは思うのであるが・・・。



 

広告を非表示にする