AINU POLICY WATCH

――In Light of the U.N. Declaration on the Rights of Indigenous Peoples――

上の写真:ジュネーヴのサン-ピエール大聖堂からレマン湖を望む。

Utu(ウトゥ)

 予定外の投稿である。
 あるきっかけで、30年以上前にアメリカで観たマオリの映画を思い出した。タイトルは"Utu"。やはりインターネットの時代だね。ないかと思ったら、あった。1983年の制作だったようだが、2013年にリマスター版が"Utu Redux"というタイトルで出たらしい。(このことは、なんだか前にも書いたような気がしてきた。)当時、日本では上映されたのだろうか。実話に基づいたマオリとヨーロッパ人との土地を巡る紛争がテーマの重い感じの映画だった。(⇒世界最長の地名の写真もある。)
 "Utu"とは、予告編に出てくるタイミングの「撃つ」でもなければ、「鬱」でもない。ちゃんとニュージーランドの法務省のサイトにも説明されているが、マオリ社会における調和を維持するための効果的な社会的コントロールに関係する概念である。

Utu was concerned with the maintenance of relationships and balance within Maori society. It acted as an effective form of social control governing people s behaviour in relation to each other.

 全編はなさそうだが、「最初の10分」版を埋め込んでおく。ここで、他の2種類(予告編とブルーノ ローレンス(Bruno Lawrence)コレクションからの抜粋)を観ることができる。

広告を非表示にする