AINU POLICY WATCH

――In Light of the U.N. Declaration on the Rights of Indigenous Peoples――

上の写真:ジュネーヴのサン-ピエール大聖堂からレマン湖を望む。

「カナダの日」(rev.)

 7月1日は、「カナダの日」だそうである。(こちらには「北海道の日」の条例制定とやらが話題に上っているが、「アイヌ民族の日」はどうなったのだ!?)
 政府のアイヌ政策関連会議で「有識者」たちが話題にするのは、バンクーバー空港の展示を真似することばかり。
 今年の国連のPFIIでカナダ政府は5月10日に、先住民族の権利に関する国連宣言を全面的に支持すると表明した。

Canada Becomes a Full Supporter of the United Nations Declaration on the Rights of Indigenous Peoples
May 10, 2016 – New York, NY – Indigenous and Northern Affairs Canada

The Honourable Carolyn Bennett, Minister of Indigenous and Northern Affairs, today announced that Canada is now a full supporter, without qualification, of the United Nations Declaration on the Rights of Indigenous Peoples. Today’s announcement also reaffirms Canada’s commitment to adopt and implement the Declaration in accordance with the Canadian Constitution.


This announcement confirms Canada’s commitment to a renewed, nation-to-nation relationship with Indigenous peoples – a relationship based on recognition of rights, respect, co-operation and partnership. Canada will engage with Indigenous groups on how to implement the principles of the Declaration. This engagement will include provinces and territories whose cooperation and support is essential to this work and to advancing the vital work of reconciliation with Indigenous peoples in Canada.

P.S.:ニューヨークの国連本部では現在(現地時間、6月30日)、国連における先住民族の参加に関して、国連総会議長との第3回会合の真っ最中である。これは、2014年の国連総会における「先住民族に関する世界会議」のフォローアップの一環である。

国連の啓発ビデオにアイヌ民族が登場している。
"Indigenous Peoples and the United Nations vol. 1 (part 1 of 3)" posted by UNSPFII at https://youtu.be/8I8QgA1tQQ8

 3:40~約2秒間、アイヌ民族も登場しています。一番手前の方は、Sさんかな?