AINU POLICY WATCH

――In Light of the U.N. Declaration on the Rights of Indigenous Peoples――

北海道アイヌ協会の「国際先住民族の日記念事業」(w/ P.S.2つ)

 またやるの。まだやるの。去年のテーマが何だったか忘れてしまったが、2014年の「事業」、政策推進作業部会に提出した「中間まとめ」の続きであろう。1年おいただけでやるとは異例なのでは? そうか、「慰霊施設」か。考古学会も人類学会も必死豆炭だね――子供のころによく聞いたり使ったりしていたこの言葉を何十年ぶりかに、最近ラジオで聞いた。
 他にテーマがないのかもしれないな。「新法」制定要求のキャンペーンでもやるのかと思っていたが。どうしてアメリカ大使館の後援を取って対抗しなかったのかな。(P.S.:最近はメディアもそうだが、ケネディ大使を持ち出すことがほとんどなくなった感じがする。加藤理事長もすっかり後ろに引っ込んで、キング牧師も登場しなくなったし、今回の「事業」では冒頭の挨拶だけのようである。)

考古学・人類学とアイヌ民族 -最新の研究成果と今後の研究のあり方-

From the vantage point of the colonized, a position from which I write, and choose to privilege, the term 'research' is inextricably linked to European imperialism and colonialism. The word itself, 'research', is probably one of the dirtiest words in the indigenous world's vocabulary. When mentioned in many indigenous contexts, it stirs up silence, it conjures up bad memories, it raises a smile that is knowing and distrustful. It is so powerful that indigenous people even write poetry about research. The ways in which scientific research is implicated in the worst excesses of colonialism remains a powerful remembered history for many of the world's colonized peoples. It is a history that still offends the deepest sense of our humanity. Just knowing that someone measured our 'faculties' by filling the skulls of our ancestors with millet seeds and compared the amount of millet seed to the capacity for mental thought offends our sense of who and what we are.


Linda Tuhiwai Smith, Decolonizing Methodologies: Research and Indigenous Peoples (London & New York: Zed Books, 1999), p. 1.

 なお、この本は、2012年に第2版が出ている。

P.S. #2(07.21):太字部分の翻訳です。

「調査/研究」という語自体が、たぶん先住民族の世界の語彙の中で最も汚れた語の一つである。

植民地主義の最悪の行き過ぎた行為に対する科学的調査/研究の関与の仕方は、世界の植民地化された民族/人民の多くにとって強力な、記憶された歴史として残っている。それは、私たちの人間性の最も深い感覚を今なお害う歴史である。