AINU POLICY WATCH

――In Light of the U.N. Declaration on the Rights of Indigenous Peoples――

文部科学省、遺骨保管状況の再調査!

 今日の昼間はアクセスがないだろうと思っていたのだが、予想に反して、ここまで毎時間帯についている。まあ、前の記事のタイトルとか、「いとこの日」が呼んでいるのかもしれない。後者は、多くの人が例のメールを受け取ったのだろうと思う。

 今日の「事業」の目的がどういうものかは、「今回の件で方針は変わることはない」という北海道アイヌ協会「担当者」の一言に集約されている。

 さて、十分想定されたことではあるが、5年前の遺骨保管状況の調査にいい加減な対応をしていた大学があったため、文部科学省が「全ての大学等に対し、改めて確認調査を実施」し始めた。
 こう書いておけば、メディアも報じることだろう。(もう報じられているかな?)

 前の調査結果が公表された時に書いた記憶がある。調査中に某国立大学が1つ持っていると耳にしていたにもかかわらず、公表された結果の中にそのT大学の名前はなかった。今回は出てくるだろうか。あるいは、私が聞いた情報が誤報だったのだろうか。