AINU POLICY WATCH

――In Light of the U.N. Declaration on the Rights of Indigenous Peoples――

アメリカ政府とハワイイ先住民族との関係「再構築」

 先の第26回政策推進作業部会で、政府は「アイヌ政策の再構築」を打ち出していたが、太平洋の向こうの米国では内務省が先週の22日(現地時間)に、もし将来に構築されるのであれば、ハワイイ先住民族の統一政府と米国が正式な政府対政府の関係を「再構築」するための行政手続きを発表した。これが実現すれば、先住ハワイイ人が、米国本土の先住アメリカ人トライブの政府に似た政治的地位を獲得することになる。

 この新規則は、先住ハワイイ人コミュニティと他の主要ステークホルダーから内務省に提出された54,000件以上にのぼるパブリックコメントを考慮しているそうである。

 評価は、読者各位にお任せします。

Procedures for Re-establishing a Government-to-Government Relationship with the Native Hawaiian Community

Dept. of Interior Finalizes Rule to Recognize Native Hawaiian Government

Hawai‘i Officials Applaud Federal Recognition of Native Hawaiian Status