AINU POLICY WATCH

――In Light of the U.N. Declaration on the Rights of Indigenous Peoples――

知事による150年目の謝罪(加筆修正版)

 コロラド州のジョン ヒッケンルーパー(John Hickenlooper)知事によるサンド クリーク虐殺に対する謝罪(2014年12月3日)。

CATV 47 COLORADO GOVERNOR SAND CREEK APOLOGY posted by CATV47

Today we gather here to formally acknowledge what happened, the Massacre at Sand Creek. We should not be afraid to criticize and condemn that which is inexcusable, so I am here to offer something that has been too long in coming. On behalf of the State of Colorado, I want to apologize.


And I don't make that apology lightly. I talked to all the living former governors of Colorado that goes back, stretches back forty years, and each one of them agrees in spirit of standing here beside me. Governor Lamm commented that the two of the most powerful words in the English language are "I'm sorry." To the runners, to the tribal leaders, and to all of the indigenous people, and the proud and painful legacy that you all represent, on behalf of the good, peaceful, loving people of Colorado, I want to say I*1 am sorry for the atrocity that our government and its agents [that was/were]*2 visited upon your ancestors. Today, as these runners complete their 16th Annual Sand Creek Spiritual Healing Run, I want to assure you that we will not run from this history, and that we will always work for peace and healing. I will make sure that this history continue to be told.

サンド クリーク虐殺を扱ったこのブログの記事

関連記事:Hickenlooper Offers Apology For Sand Creek Massacre On 150th Anniversary by Megan Verlee, DEC 3, 2014.

コロラド州政府サイトに掲載されているスピーチの草稿:GOV. HICKENLOOPER OFFERS APOLOGY TO DESCENDENTS OF THE SAND CREEK MASSACRE 以下に全文を転載する。
“We should not be afraid to criticize and condemn that which is inexcusable, so I am here to offer something that has been a long time coming. On behalf of the State of Colorado, I want to apologize to the runners, to the tribal leaders and to all the indigenous people - and the proud and painful legacy - you represent. On behalf of the good, peaceful, loving people of Colorado, I want to say we are sorry for the atrocity that our government and its agents visited upon your ancestors. Today, as these runners complete their 16th Annual Sand Creek Spiritual Run, I want to assure you that we will not run from this history, and that we will always work for peace and healing.”

P.S.(11.03, 0:50):昼間に時間がなくて簡単な検索しかできなかったが、短いスピーチにもかかわらず、スピーチの全文を見つけることができなかった。それで、全文を聞き書きしたのだが、予定外の時間を費やすことになり、今夜予定していた記事は先送りにする。また時間がある時に、翻訳を載せるかもしれない。

 2カ所おもしろいところがある。スピーチの中に注番号を入れた箇所である。順番に、まず*1に関して。上にリンクしてある州政府のサイトに掲載されているスピーチの草稿(直上に転載)では、ここは"we are sorry"となっている。コロラド州民に代わって謝罪しているのだから草稿どおりの方が良かったが、まあいいだろう。
 *2の箇所は、やや口ごもっているが、"that were"と実際には言っているように聞こえる。これも草稿と比較して貰えば分るとおり、草稿には[ ]の部分はない。もちろん、その文の前からの流れでは、それは必要ないし、ないのが正しい。ここは「私たちの政府とその代理人(官吏)があなたたちの祖先に対してもたらした非道に対して謝罪します」と言っているのだが、「私たちの政府とその代理人(官吏)が」と責任の所在を明言したところで、ふと一瞬戸惑ったのだろうか、「非道(atrocity)」を修飾して受動態となるように(つまり主体が隠れる)"that was"と言いかけたが、直前の"agents"が複数形で、それに脳が反応して"that were"と発してしまったかのように聞ける。また、このような意味(afflict/inflict)でvisitを使う場合は、通例、受動態となるから、それが影響したのかもしれない。


 どこかの理事長が「はるみちゃん」と呼んで仲良くしているらしい知事は、どんな謝罪スピーチを準備中なのだろうか。

*1:See P.S.

*2:Also see P.S.