読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AINU POLICY WATCH

――In Light of the U.N. Declaration on the Rights of Indigenous Peoples――

キング牧師のリヴァーサイド演説

その他 人種/民族差別

 北海道アイヌ協会の加藤理事長はキング牧師を尊敬しておられると、どこかで読んだ――たしか、いつぞやの政策関連会議録でだったと思う。これは、有名な(そして日本人好みでもある)"I have a dream"演説ではなく、彼が暗殺される1年前に、ニューヨーク州のリヴァーサイド教会で行った「リヴァ―サイド演説」、"Beyond Vietnam"(A Time to Break Silence)である。彼がこの演説を行った後、アメリカの既成の「公民権エスタブリッシュメント」さえもがどういう反応をしたのかを詳しく分析し、キング牧師を再評価する歴史研究論文を最近読んだ。今この国にも「人権エスタブリッシュメント」が存在しているだろうことに思いをはせた。
 加藤理事長が「沈黙を破る」演説をすることはあるのだろうか。世界考古学会での演説は、なぜ公開されないのだろう。


Martin Luther King Jr.'s Speech - "Beyond Vietnam" from MindfulCloud on Vimeo.

P.S.(12.26):参考までに挙げておくと、こちらに「キング牧師のメッセージ~彼の生誕日に思いをはせて考える~」というエイミー グッドマンさんの文章の翻訳が出ている。彼女は、反DAPL運動の現場を取材中に逮捕されもしたが、本ブログの反DAPL記事の中のDemocracy Now!のジャーナリスト/キャスターとしても登場している。

 1時間近くの英語だけの演説を聴く読者も少ないだろうし、投稿するとすれば、キング牧師の誕生日か暗殺された日にしようと思って引っ込めたのだが、なぜかというメッセージが来たから、少し加筆して出すことにした。

 直前の投稿にもP.S.を入れてある。