読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AINU POLICY WATCH

――In Light of the U.N. Declaration on the Rights of Indigenous Peoples――

アイヌ遺骨、出土地域団体に返還(w/ P.S. X 7)

「アイヌ遺骨、出土地域団体に返還=博物館は多言語対応―政府」 時事通信 3/23(木) 20:38配信


 政府は23日、アイヌ政策推進会議(座長・菅義偉官房長官)の作業部会を内閣府で開き、国内の研究機関などに保管されているアイヌ民族の遺骨について、身元不明でも出土地域が特定できる場合、その地域のアイヌ団体に返還する方針を示した。

 今後、返還対象となる団体の要件などを詰める。アイヌの遺骨をめぐっては、北海道内で返還を求める訴訟が相次いでいる。

 作業部会ではまた、アイヌ文化伝承のため国が2020年に北海道白老町に開設する「民族共生象徴空間」の中核施設「国立アイヌ民族博物館」の基本計画を策定した。地上3階建てで、延べ床面積は8600平方メートル。旧石器時代から現代までを対象に、狩猟の道具や衣類などを日本語、アイヌ語、英語など多言語で解説する。

 珍しいな、その日のうちにこういうニュースが出るとは。前回の議事概要は未だだというのに。多分、明日くらいに公開か?
 先日のコタンの会総会での決定が効いたのだろうか。

P.S.:多分、それ以前に方針は出ていたのだろう。早く議事概要(今回の分)を出して欲しいものだ。

P.S. #2(03.24, 14:30):今のところ、昨日の作業部会の「政策推進作業部会(第30回)議事次第」のみ。第29回の議事概要は未だ。担当者がこれから退庁までの間に出るのかもしれない。

P.S. #3(03.24, 23:25):前回(第29回)の議事概要は公開されないままに週末となった。どこを出すか出さないかでもめているのだろうか。

P.S. #4:削除。

P.S. #5(03.29, 0:15):年度末まで、あと3日。現在、小説化のために編集中か。

P.S. #6(3.29, 14:59):今日は何が起こっているのだろう。直前にログインしたら、萱野茂氏の国会演説の記事にFacebookその他からアクセスが増えている。ただ誰かが話題にしているというだけの話かな? 今日もまだ、議事概要は未公開である。

P.S. #7(4.12, 22:40):共同通信配信の日経記事。半月経って、まだこの程度しか出てこないとは!

アイヌ遺骨、発掘地域に返還 政府が方針見直し
日本経済新聞2017/4/11 22:28


 北海道大などが保管している身元不明のアイヌ民族の遺骨について政府は、発掘された地域のアイヌ団体などに返還する方針を固めた。11日までに政府関係者らへの取材で分かった。これまで、北海道白老町に新設する慰霊施設に集めるとしていたが方針を見直した。
 遺骨は研究目的で道内各地から持ち出され、全国12大学に1600体以上が保管されていた。
 2012年以降、発掘地域の子孫らが北大に返還を求めて提訴。昨年から札幌地裁で順次和解が成立し、地域の団体などに返還が決まった。政府はこうした動きを踏まえ、方針を見直した。内閣官房アイヌ総合政策室は「返還の手続きを具体化する」としている。
 政府は、北海道アイヌ協会に方針を伝達。関係者によると、返還する団体の条件として、発掘地域に関係するアイヌが所属していることや供養を続けられることなどを挙げた。協会側は了承する見通し。
 政府はこれまで、身元を特定できる遺体については遺族に返還する考えを示している。〔共同〕