AINU POLICY WATCH

――In Light of the U.N. Declaration on the Rights of Indigenous Peoples――

民族共生象徴空間PR合唱動画「イランカラプテ~君に逢えてよかった~」(w/ P.S.)

 読者からご紹介戴きましたが、ここへの埋め込みはやめておきます。(アイヌ語版があれば、埋め込みを考えてもよい。)興味のある方は、こちらへ。合わせて、この議事概要の6ページを参照下さい。
 この投稿のP.S. #5で取り上げていたけれど、紅白には選ばれなかったようで(観ていないが)、すっかり忘れていた。
 6年半近く前にはこんな投稿もしていたなと思い出した。⇒2010-12-15 「千の風になって」.

おまけ
ある日突然 トワエモアposted by makoto Serizawa.

空よ posted by kamiru3911.

 そう言えば、こういうキャンペーンソングもあった。北海道との縁なのだな。
https://youtu.be/aXYG4gZ-Au8虹と雪のバラード トワエモア posted by tone mia.

 最初の2曲は、今でもレコードを持っていると思う。この曲もよく聴いた。(話題がすっかり変わってしまった感じだ。)
https://youtu.be/HYW959SOTj4:title誰もいない海 トア・エ・モア posted by susiyoubi.

P.S.(04.11, 23:00):なぜ埋め込まなかったかというと、アイヌ語版ではなかったからというだけでなく、これは、明白な政治的意味合いをもったキャンペーン(言うなれば、プロパガンダ)であって、そこに無邪気な小学生たちが映っているからである。作詞者の秋辺氏や高橋知事が歌っているからではない。

 新井氏と秋辺氏は、著作権ごと菅官房長官に提供したのだろうか? 次の選挙でアイヌ民族党のイメージソングに使う方が良かったのではないかと余計なことを書きたくなるのだが、副代表が登場しているということは、アイヌ民族党も政府や北海道と「パートナー」の関係にあるということなのかな? 「受贈者」の菅官房長官にこそ歌って踊って貰えば良いだろうにとも思う――前に取り上げたことがあるが、ケネディ元大使がこんな風に踊ったように。

 先日出して引っ込めた替え歌は、ここにこそちょうど合うかもしれない――「スガさん」から北海道アイヌ協会の理事長・副理事長の官房長官訪問時の写真へのリンクを外して、もう少し広い意味においても。

♫最初は好きだと思わなかった
一度だけ官邸に行ってはみたけど
なんとなく二度が三度に度重なって
好きになったのスガさんのことを

いけないことだと言われていたの
一度だけ会議室に座ってみたけど
嬉しくて二度が三度に度重なって
好きになったの政策室のことを

二度が三度に度重なって
好きになったの審議官のことを

二度が三度に度重なって
好きになったの政府のことを♫

恋泥棒 奥村チヨ 1969年 posted by ptere.