AINU POLICY WATCH

――In Light of the U.N. Declaration on the Rights of Indigenous Peoples――

上の写真:ジュネーヴのサン-ピエール大聖堂からレマン湖を望む。

「グレート・ディベーター 栄光の教室」(w/ P.S. X 2)

 Yahoo!GYAO!で6月14日まで「グレート・ディベーター 栄光の教室」(☜ここをクリック)が無料視聴できます。直前の、ディベートのない会議の記事の下に追記しようかと思ったけれど、それはあまりにも皮肉過ぎるだろうから新規投稿にする。

■内容・ストーリー
1935年アメリカ、テキサス州マーシャル。人種差別が色濃く残るこの街には「白人専用」施設があふれ、黒人たちは虐げられていた。この歪んだ社会を正す方法は「教育」だけ。そう信じる教師トルソンは、黒人の若者に立派な教育を施すという夢の実現に向け、ディベート(討論)クラスを立ち上げる。そして、彼の熱意に触発された、勇気ある生徒たち。やがて討論大会に出場し始めた彼らは、黒人というだけで経験してきた悲しい過去や秘めた怒りを「言葉」という武器に託し、大勢の観客たちの心を動かしてゆく。だが、彼らの活動が、人々の注目を集め始めていた矢先、トルソンの言動を「過激すぎる」と問題視した学校側は、ディベート・クラスにまで圧力をかけ始め……。
■キャスト・スタッフ
デンゼル・ワシントン フォレスト・ウィテカー デンゼル・ウィテカー ネイト・パーカー ジョン・ハード ジーナ・ラヴェラ
製作:トッド・ブラック 監督:デンゼル・ワシントン 脚本:ロバート・エイゼル 撮影:フィリップ・ルースロ 音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
■視聴時間
02:07:08
(C) 2007 THE WEINSTEIN COMPANY, LLC All Rights Reserved
■配信期間
2017年5月15日~2017年6月14日

どこかで聞いたセリフが出て来たよ⇒「多数派が反発している間は実現しない」(00:55:14)。「多数派の支持が必須となることです」(1:50:30)
まるで「有識者」のT氏や某協会の理事長は、この映画を観ていたかのようだ!

「善悪を決めるのは多数派ではなく、人の良心です」(1:50:40-44)「私たちは決して負けてはなりません、多数派という暴君の前に」(1:50:55-51:00)「正義なき法は法にあらず」(1:55:08)

P.S.:最後にそれぞれの登場人物がその後どういう人生を歩んだのかの説明が出るが、教師のトルソン氏は「世界的な詩人」になったとのこと。それで、ヘッセの記事を復活させた。
Cf. Melvin B. Tolson(1898–1966).

P.S. #2(05.26):

Cory Galbraith, "How a Coward Changed the World - Lessons in Brave Leadership From the Man Called Gandhi" (公開日: 2017年5月20日).

World Hunger Day, May 28, 2017.