AINU POLICY WATCH

――In Light of the U.N. Declaration on the Rights of Indigenous Peoples――

上の写真:ジュネーヴのサン-ピエール大聖堂からレマン湖を望む。

篠田氏の研究成果の「還元」

 今夜拾った日本学術振興会の(米国)ワシントン研究連絡センターでのものらしい篠田謙一氏の2012年のプレゼンテーション資料
 アイヌ民族の皆さん、「アイヌ集団の形成」について、まずはアメリカへ(そして世界へ)と研究の還元を行ってくれていますよ。北海道アイヌ協会の「幹部」諸氏も大喜びといったところであろうか。
 最も「科学的」だなと感じたのは、9ページの写真である。

P.S.(22:40):しばらく空いたので比率が小さくても表示されているのかもしれないが、琉球関連の投稿のせいだろうか、今までにまったくなかったアクセス元からのアクセスが記録されている。閉鎖前と同じか、むしろ少し多いビュー数である。午後2時台と午後9時台に突出している。少人数の同じ人たちだろう。

 ブログのタイトルとテーマを変えたいなと考えている。いま一番書きたいのは、北米の状況。しかし、"Against the Wind"も間が空いたしなー。
 読み手の分からない環境で書くのにも飽きてきた。
 ブログは非公開にしていると、検索に挙がって来なくなるらしい。まあいいか。