AINU POLICY WATCH

――In Light of the U.N. Declaration on the Rights of Indigenous Peoples――

上の写真:ジュネーヴのサン-ピエール大聖堂からレマン湖を望む。

煙幕(smokescreen)

煙幕を張る:大辞林 第三版の解説

①煙幕を大気中に放散して、味方の姿・行動などを隠す。
②言葉巧みに言いなして、本当のことを他人に知られないようにする。

 このブログ記事には、このように書いてある。

本当に木村さんは怒っている。悲しむべき現実として、国、北大、具体的には篠田氏や常本氏などからはアイヌ遺骨の取扱いに係る考え方の変化、誠意などは感じられないという。

 木村さんは所定の期日までに変化がない場合を想定しての訴訟の準備に入った。このことについては常本氏側には伝えてあるという。

 政府は、方針を変えたのではないのか!? あれは、ただの煙幕だったのか? 新たに始まった遺骨返還訴訟(旭川)と計画準備中という訴訟(新ひだか、コタンの会)も、北大が返還に消極的というのか、自分たちで決められないから司法判断を求めたからだとか。私には、今のところ真相は分からない。しかし、返還への抵抗勢力は誰(たち)なのであろう。政府か、北大か、自然人類学者か、はたまた北海道アイヌ協会の一部か――それとも、これらすべてか。

 木村さんが司法に訴えざるを得なくなれば、私たちは四方に支援体制を作ることを考える必要があるかもしれない。

 もっと長い記事にしてから投稿するつもりだったけど、ここまでにしておく。

The Platters - Smoke Gets In Your Eyes posted by OldManCrankyCane.

P.S.(08.11):ある人のブログに夕べコメントを書こうとしたけれど、思い止まった。今日久しぶりに新規投稿していたから書こうとしたら、コメント欄も何もかも閉じられていた。