AINU POLICY WATCH

――In Light of the U.N. Declaration on the Rights of Indigenous Peoples――

勤務時間中にブログを読むのはやめましょう!

アイヌ総合政策室へ:この土地返還はどうでしょうか?

 小山参事官の発言(「世界で先住民族に土地を返した事実があるのですか? 自分たちが調べた限りでは世界で先住民族に土地を返還した事実はない」)が正確にはどうだったのかを確認する情報は得ていないけれど、まあいいだろう。
 別の土地返還に関する情報が今朝(7月4日早朝)入ってきていたので、アイヌ総合政策室、特に小山参事官に是非とも知らせておきたく、3日間ろくに眠っていない頭で手短に書いておこう。(今日はもう1件、土地奪取に関する重要な情報も送られてきているので、このまま眠りに陥らねば、それも書いておこうと思うが・・・。)

 このブログでも幾度か言及したことがあるモゥホークのガナワーゲ コミュニティに対して、カナダ政府が、懸案となっていた5区画の土地の残り3区画を返還することを正式に決定した。5区画は500エーカーあり、同コミュニティの完全な管轄権の下で、再びガナワーケ本土の一部となった。
 ガナワーゲのモゥホーク評議会は、ケベック州が返還を約束している200エーカーの特定する交渉に力を入れることになる。

Tsi Nahò:ten Karihwanákere Nó:nen’k
PRESS RELEASE

A30 Lands formally returned to Reserve status

For Immediate Release

(Kahnawake – 3, Ohiarihkó:wa/July 2018) The Mohawk Council of Kahnawà:ke (MCK) wishes to inform the community that Canada has formally approved the return to Kahnawà:ke of the final three parcels of land comprising 173.19 as part of the Autoroute 30 bypass.

With Canada’s ‘Order in Council’ 2018-0866, Parcels A, B and E have been formally returned to Kahnawà:ke with full Reserve status. All five parcels, comprising 500 acres, have now been returned to Kahnawà:ke.

A further 200 acres committed by Quebec will be identified for return at a later date.

Parcels A through D form a single continuous lot along the northwest side of A30, while Parcel E is located at the end of the Old Chateauguay Road.

For further clarity these lands are once again part of Kahnawà:ke proper, under the full jurisdiction of the community.

“While this is excellent news, we will now accelerate our efforts to address the issue of the remaining 200 acres with Quebec,” stated Grand Chief Joseph Tokwiro Norton.

参照:ここ

 どうですか。太っ腹の日本政府が返すには小さすぎますか。もっと大きな区画を返したいのではないですか?(1エーカー=4046.8564224平米。1辺が63.62mの正方形の土地が、1エーカー。)

 アイヌ民族の中でどこが一番先に「土地評議会」みたいなものを作るかな。(もうどこかにある?)

P.S.(2018.07.07,0:34):これこれも参考になるだろう。

You can email us by stringing the blog title together and placing it before the Yahoo! Japan domain.